KKTR Party!

JGC修行。マイル、ポイント活動に、アイマスに生きる

【JGC修行考察】飛行機のクラスの予約(ブッキング)クラスとは?座席(キャビン)クラスとの違い


KKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。

 今回は国際線修行をする上で非常に重要な予約クラス(ブッキングクラス)についてです。
これを把握しておかないと時間とお金をかけて海外へ行ったにも関わらずマイルやFOPが思ったのと違う!となりかねないです。

 
 「あれでしょ?ファーストとかビジネスとかエコノミーとかいうやつでしょ?」

f:id:kktrparty:20190515033444p:plain
座席(キャビン)クラス
 いいえ。似ていますが違います。それは座席(キャビン)クラスです。
 
 その座席(キャビン)クラスと予約(ブッキング)クラスは別モノなんです。
 少し複雑ではありますが修行などマイルやFOPを気にする人は必ず抑えておきましょう。

 

f:id:kktrparty:20190515033242j:plain
 

予約クラスはアルファベット1文字

 航空券には予約クラスというものが存在します。これはエコノミーやビジネスといった座席クラスとはまた別で設定されています。
 
 例えば同じエコノミークラスであっても
 
 ・予約変更やキャンセルが無料で可能だが、高い運賃の予約クラス

 ・変更やキャンセルが不可能だけど、安い運賃の予約クラス

 のように航空券の種類が違います。その種別をアルファベット1文字で表すのが「予約クラス」です。
 
 JALのエコノミークラスだけでも

 「Y・B・H・K・M・L・V・S・O・G・R・Q・N」

 とめちゃくちゃ多くそれぞれで細かいルールが設定されています。
 

 座席クラスでもエコノミークラスのことを「Y」ビジネスクラスを「C」ファーストクラスを「F」といったアルファベット1文字で表すこともあり、紛らわしいと感じる点でもあります。
 座席クラスのアルファベットはファーストは「First」の頭文字「F」、ビジネスクラスが「C」となっているのは最初に導入した航空会社が「クリッパークラス(Clipper Class)」と呼んでいたことが由来で、エコノミーが「Y」なのはEconomyのEだとFより上になってしまうためと言われています。
 
しかし予約クラスは何かしらの頭文字というわけでもなく、さらに種類が多いのが余計複雑に感じてしまうんですよね。
(私も最初は混乱しました…)
 

予約クラスはマイルやFOPの積算率に関わる

 普通に旅行に行くのであれば予約クラスをそこまで気にすることはないと思います。安ければそれでいいですし。
 ですが修行の場合はそうとも限りません。JALのFOP計算サイトの「国際線」のタブをクリックしましょう。
 
 

f:id:kktrparty:20190515040305p:plain
国際線利用運賃一覧表
 こんな表があります。これがJAL便での予約クラスごとの積算率になります。

 当然といえば当然ですが

 積算率が高いほど航空券の値段は高くなります。
 
 実際にある日の東京からシンガポールまで往復エコノミークラスで比較してみると
 
 最も安い運賃は予約クラス「Q」で往復 42,810円 となりましたが、この航空券は変更や取消ができません。
 FOPの計算は「エコノミークラス運賃5(30%)」が予約クラス「Q」となるので
 
 往復で獲得FOPは2980FOPとなります。
 
 
 逆に最も高い運賃は予約クラス「Y」で往復 430,210円します。
 支払い後でも変更、取消が可能で払い戻しも全額返ってきます。(ちなみにラウンジにも入れます)
 
 「Y」は「エコノミークラス運賃1(100%)」で計算するので
 獲得できるFOPは往復で 10736FOPとなります。
 

予約クラスをよく見ないと非効率な修行になってしまう

 
 上の例はどちらも「非効率」な修行なのはおわかりでしょうか。
 いちいち単価の計算なんてしなくてもわかりますよね。
 
 予約クラス「Q」のほうは4万払って2980FOPですが、
 国内線ウルトラ先得なら2万円を切る値段で羽田ー那覇を往復できて2952FOP獲得できます。
 これだけだったら国内線でいいじゃないかって話です(ただしこの「Q」の航空券を那覇発着にすると単価10を切る効率的な路線になります)

 予約クラス「Y」のほうは……いくらなんでも高すぎですね。

 
 では、修行に効率の良い予約クラスとは?次で説明していきます。
 


修行においての予約クラス

 
 海外修行での予約クラスの狙い目は大きく2つ

 ・予約クラス「E」のプレミアムエコノミークラス
 ・予約クラスが積算率125%のビジネスクラスを不定期のセールで安く購入する

 このパターンがほとんどだと思います。
 

JALのサイトでの確認方法

 
 そもそもJAL国際線のサイトで予約クラスはどこで確認できるでしょうか?
 適当な国際線航空券を往復で(復路は往路の2日後)で検索してみます。

 エコノミーで検索するとこんな感じで同じ便でも複数運賃があることがわかると思います。
 今は一番左の「EconomySaver」が選択されています。
 

f:id:kktrparty:20190515035434p:plain
国際線予約クラスの調べ方1
 
 この状態で上(赤枠)にある「EconomySaver」をクリックしてみると
 
f:id:kktrparty:20190515035639p:plain
国際線予約クラスの調べ方2
 このような画面が表示され、1行目にアルファベット1文字で表す「JAL国際線予約クラス」があり、今選んでいる運賃は赤で塗りつぶされているクラス「S」だということがわかりました。

 それぞれで細かいルールが用意されていることもわかりますね。発券する前にきちんと確認しておきましょう。
 

王道のプレミアムエコノミー

 プレエコが何よりも優れている点は積算率が100%であることです。
 「PremiumEconomy SpecialSaver」がプレエコの中でもっとも安いですが変更や取消は不可。
 予約クラスは「E*1」です(パッケージツアーの予約クラス「E」は積算率50%になるので注意)
 

f:id:kktrparty:20190515050324p:plain
プレミアムエコノミークラス
 
 東京からでは単価12円前後と10円は切りませんが悪くないFOP単価といえます。那覇からだと10円を切り効率よく大量に稼ぐことができます。
 どうして那覇から?と思う方はこちらも見てくださいね。主なアジアオセアニア地域の単価も載せています。
 www.kktrparty.com

 

セール時のビジネスクラスは予約クラスに注意

 ビジネスクラスは基本的に高すぎて修行には適してないことが多いのですが、時々不定期でセールを行っていることがあります。
 JALの国際線セールは以下のページで見ることができます。
 www.jal.co.jp

 ここから検索しても、国際線トップからでも運賃規則に則っていればセール運賃で購入できます。
注意点としてビジネスクラスの予約クラス「I」は積算率70%であるので発券する前に予約クラスを確認しましょう。

ビジネスクラスセール運賃を例に単価を計算

 
 2019年5月15日現在でちょうどビジネスクラスのセールを行っているクアラルンプール行きの運賃で計算してみましょう。
 

f:id:kktrparty:20190515113206p:plain
ビジネスセールKUL
 
 セール期間内で検索してみると数は少ないですがありました。
f:id:kktrparty:20190515113454p:plain
Business Special Saver
 「Business Special Saver」という名前ですね、きちんと予約クラスも確認しましょう。
 
f:id:kktrparty:20190515114240p:plain
セール予約クラス
 125%積算の予約クラス「X」を確認しました。
 
 東京ークアラルンプールで計算すると
 
f:id:kktrparty:20190515114512p:plain
NRT-KUL往復C
 FOP単価 9.4 これだけでも10を切るので優秀です。
 何よりたった2便で13000ものFOPを稼げる上にビジネスクラスなので快適に修行ができるでしょう。
 
 さらに那覇空港発着とすると
 
f:id:kktrparty:20190515114855p:plain
OKA-TYO-KULセール往復Cクラス
 
 FOP単価 7.37 の破壊力抜群なルートになりました。ビジネスクラスだと国内線区間がクラスJとなるため大量FOP獲得に拍車がかかっています。(エコノミー、プレミアムエコノミーは普通席になります)
 
 ただし、時間と便の都合上出国前日に沖縄から東京へ来て1泊する必要があり羽田と成田の移動も考えなければならない点には注意です。
 

予約クラスは航空会社によってルールが異なる

 これまではJALの話をしてきましたが別の航空会社でも予約クラスは存在しアルファベット1文字で表記されています。
 ですが積算率などのルールは航空会社によって異なる点には注意してください。
 
 ANAは去年急にプレミアムエコノミーに積算率70%の予約クラスを設定し「SFC修行僧には逆風」と言われるルール変更が行われました。現在JAL便のプレエコはすべて100%ではありますが急なルール変更があってもおかしくないと言えます。
 
※追記 ついにプレエコに70%積算ができてしまいました。
詳しくはこちらから

www.kktrparty.com
 

まとめ

 乗ってしまえばエコノミークラスはエコノミークラスですしビジネスクラスはビジネスクラスです。別にサービスが予約クラスで変わることはありません。(普通運賃のエコノミークラスはラウンジが使えたりとかはありますが)
 
 それでは、次の現場でお会いしましょう。
 

TwitterやInstagramのフォロー
読者登録もよろしくお願いします!



Instagram follow me!

*1:2020/10/01より70%に変更