KKTR Party!

JGC修行。マイル、ポイント活動に、アイマスに生きる

JAL国内線ファーストクラス最新機材エアバスA350搭乗記!進化した最上級をぜひ味わって欲しい

 KKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。 
 2019年9月1日からJAL国内線に導入され、少しずつ本数を増やしている新機材『エアバスA350』のファーストクラスに搭乗してきましたのでレビューです。
 
普通席の搭乗記はこちら 就航して間もない9/2に搭乗しました。
www.kktrparty.com
 
f:id:kktrparty:20191023045803j:plain:w800
 
 

A350ファーストクラス座席

f:id:kktrparty:20191023045848j:plain:w700
A350ファーストクラス座席1
 さっそく座席から見ていきましょう。
黒を基調とした落ち着いたデザインになっていて、よりどっしりした感じがします。
席というよりでかい箱のようでプライベート空間をより作り出したともいえますね。
 
 
f:id:kktrparty:20191023045821j:plain:w500
A350ファーストクラス座席2
 
f:id:kktrparty:20191023045929j:plain:w500
A350ファーストクラス座席3
 座席のふかふか感が伝わるでしょうか。こちらのヘッドレストにもJALの鶴丸ロゴがあります。
 
 
 ちなみに席に置かれてあるのは専用スリッパです。席についたらさっそく履き替えてリラックスしておきましょう。ちなみに持ち帰ってもOKです。
 
 そしてファーストと書かれた専用のブランケットとクッションが用意されています。
f:id:kktrparty:20191023050330j:plain:w500
ファースト専用ブランケット
 
 短距離国際線のビジネスクラスにある「JAL SHELL FLAT NEO」に近いかなと思います。
www.jal.co.jp
 
 
 これまでのボーイング777や767の国内線ファーストクラスは明るく豪華な感じだったので大きくデザインを変えています。これはこれで好きなんですけどね。
 
f:id:kktrparty:20191023223648j:plain
777,767のファーストクラス座席 777 / 767(シート) - JAL国内線より
 

 

シートコントローラーでマッサージまでできる

f:id:kktrparty:20191023050045j:plain:w500
A350ファーストクラス座席4

 注目なのはこのシートなんとマッサージまでできること。マッサージチェアにもなっています。一番右の2つのボタンで腰や脚部分が振動します。
 
 また、さきほども言った通り座席が箱のようになっているので後ろを気にせずシートを倒せるのが良いです。(左から2番め、3番目のボタンでリクライニングを調整できます)
 
 完全なフルフラットにはなりませんが、十分にリラックス出来るうえ、マッサージチェアの機能もあるのでいつの間にか寝てしまいそうになります。
 
 

f:id:kktrparty:20191023223525j:plain
A350 / 787(シート) - JAL国内線 より

センターディバイダーが個室感を増しています

f:id:kktrparty:20191024015334j:plain:w500
A350ファーストクラス座席5
 この座席の間の柵のおかげ普通に座っていたら隣の人の顔は見えません。おかげで気にせずゆったりできます。
 
 また、このディバイダーは矢印の方向にしまえるようになっているので家族や友人で隣同士楽しく過ごすこともできますね。
 

あると便利な小物入れ

f:id:kktrparty:20191023050035j:plain:w500
A350ファーストクラス座席6

 座席右下には便利な小物入れがあり、充電ができる電源、USBコンセントもありました。

 そして左にはリモコンが見えますね。
 クラスJ以上*1はモニターの操作ができるリモコンがあります。

f:id:kktrparty:20191023232950j:plain:w500
モニターのリモコン
 
 

モニターは最も大きい15.6インチ

f:id:kktrparty:20191023050223j:plain:w500
A350ファーストクラスモニター1
 そしてそのモニターは15.6インチと普通席やクラスJより一回り大きく、さすがはファーストクラスといったところです。
 
f:id:kktrparty:20191023050056j:plain:w500
A350ファーストクラスモニター2
 今回の座席は最前列の「1A」を指定したので足元が広々な分、モニターが遠くなってしまうのは仕方ないですが難点といえば難点かなというところです。
 

 



  

機内食

f:id:kktrparty:20191023050232j:plain:w500
2019年10月国内線ファーストクラス機内食(昼)
 機内食は特にA350だから内容が違うということではないですが、せっかくファーストクラスに乗ったので乗せておきます。
 今月は福井推しみたいです。

 国内線ファーストクラスの機内食はホームページで見ることもできます。特に夕食が気合い入っているので可能ならば夕方の時間帯(17:00~)を狙ってみるのがいいでしょう。
www.jal.co.jp
 

座席1Aに隠された秘密

f:id:kktrparty:20191023050107j:plain:w500
座席1Aは実は特別
 
 この最前列最左の座席である「1A」はVIP席だとか言われております。
 「1A」はCAさんの挨拶や機内食の提供が一番最初に行われるところでもあり最上位と言われるのもわかります。
 
 ステイタスを持ってない人がこの席を指定しようすると空いていても指定できないようなこともあります。
 
 2019年私は『JGCプレミア』まで修行しましたが、明らかに指定できる席が増えたと実感しております。
 実際ファーストクラスで修行しましたが、予約時点で「1A」が指定できたことは修行中ではなかったです。
 
 今回「1A」は座席指定で事前に選べるようになっていたので修行のおかげかもしれません。
 

搭乗前に『ダイヤモンド・プレミアラウンジ』に入れる

 
 今回は省略していますが、ファーストクラスを予約していると搭乗前に『ダイヤモンド・プレミアラウンジ』に入ることができます!
 ぜひ乗る際には少し早めに来てファーストクラス利用客のために用意されたラウンジから楽しんで欲しいです。
 
 福岡空港のDPラウンジの様子はこちらから
www.kktrparty.com

ちなみに、JGCプレミア(ワンワールドエメラルド)以上のステイタスを持っていればファーストに乗らずとも利用できます。
 

まとめ

 これ何度も言ってますが"国内線"のファーストクラスは当日アップグレードで+8000円支払うことで空きがあれば乗れますし、普通に購入しても高いっちゃ高いですが手が出せない金額でもないのでぜひ一度は乗ってみて欲しいです。
 
 A350が比較的静かであることもありより快適なファーストクラスになったと思います。このあと羽田ー新千歳や羽田ー那覇路線にもA350が導入される予定なので機会があれば狙ってみてはいかがでしょうか。
 
 それでは、次の現場でお会いしましょう。
 
 
 国内線ファーストクラスについてはこちらにも書いてあります。
www.kktrparty.com

 JGC修行とは?という方はこちら
www.kktrparty.com


TwitterやInstagramのフォロー
読者登録もよろしくお願いします!



Instagram follow me!

*1:普通席最前にもあり