KKTR Party!

JGC修行。マイル、ポイント活動に、アイマスに生きる

ミリオン6th 飛行機準備編~夏ダイヤ予約開始日まとめJAL,ANAは1/31から予約開始!


 こんにちは、KKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です

 ミリオン6thの準備できていますか?
 
 そろそろ飛行機の2019年夏ダイヤ(3/31~10/27)の予約が始まります。

 今回は遠征する人も多いと思うので主な航空会社の販売開始時期や、キャンセルポリシー等々まとめてみました。
 
 10連休となるGWや夏休みの予約もできるので予定のある方、旅行を考えてる方も必見です。
 


 

f:id:kktrparty:20190120185400p:plain:w700
 
 
 


FSC(フルサービスキャリア)

 
 まずはJALANAなどの既存の航空会社から
 
 とても高いというイメージがある人もいると思いますが、早めに抑えると案外そうでもなかったりします。

JAL日本航空

 
 一般販売開始:1/31 9:30~

 
www.jal.co.jp


 ANAに比べ地方や離島の路線が多いです。もちろん羽田ー伊丹や、羽田ー福岡、伊丹ー仙台等主要な路線はそろっているので都合の良い時間帯で選ぶのがベスト。(神戸には路線なし)
 
 そしてアイマス協賛(重要)


JALマイレージバンク会員なら

 
 1/30 11:00~予約開始
 
 入会はネットで完結しすぐ使えます。入会金年会費無料なので乗る機会がある人は作っておきましょう。

 JALマイレージバンク - JALマイレージバンク新規入会

 

先得(ウルトラ先得、スーパー先得)

 

 購入期限:予約日を含めた3日間
 予約変更:不可
 取消・払い戻し手数料:

f:id:kktrparty:20190120052231p:plain
取消手数料(JAL
 
 この購入期限と手数料のルールが今までと変更になっているので注意
 購入期限が予約日を含めた3日以内になっています。
 ですが55日前であれば手数料430円のみを払うことでキャンセルして払い戻しが可能なのは良いですね。
 
 例えば6月29日の便を予約し購入していても
 55日前は5月5日になるので、それまではキャンセルの判断がある程度気軽にできますよね。
 
 2019年度の予定はまだわからないよって人や、運悪くご用意されないかもって人もとりあえず購入できると思います。
 
 
 公式サイトの取消についてのページも確認しておきましょう。
 
国内線運賃「先得/乗継割引28」の運賃制度変更について(2019年3月31日ご搭乗分より) - JAL国内線

 

ANA全日空

 
 一般販売開始:1/31 9:30~

 
www.ana.co.jp

 いずれの会場にしても路線と便数が多いことがメリット。

 あと機内オーディオがオタク(TrySaili☆Risを以前流していた)

 
 

ANAマイレージクラブ会員なら

 1/30 11:00~予約開始
 
 こちらもネット上で完結します。使おうと思っている方は登録だけでもしておきましょう。
 
 旅と日常をもっと豊かに│ANAマイレージクラブ
 
 

ANA SUPER VALUE


 以前は「旅割」って名前でした。

 購入期限:予約日を含め2日以内
 予約変更:不可
 取消・払戻手数料

f:id:kktrparty:20190117234611p:plain
払戻手数料(ANA
 
 
 こちらも55日前なら430円のみでキャンセルできます。
 
 
 

ANA FLEX と ANA SUPER VALUE EARLY

 
 こちらの運賃は355日前から予約可能です。

 しかしFLEXはかなり高いです。確実に抑えたい人向け。
 
 SUPER VALUE EARLY は空席連動なので路線や時期によりますがとりあえず高いです。
 また、2019年1月21日(月)23:59にて夏ダイヤは販売終了します。
 
 


 

スカイマーク

 一般販売開始:1/31 7:00~
 
https://www.skymark.co.jp/ja/campaign/sky_sale/index.html

 (追記)販売開始時期が確定したので追記しました。またセール販売もあるみたいです
 

 
 上2つにこだわらない場合は一番おすすめ。国内定時運行率1位なのもすごいですね。

 特に神戸空港に多く路線があるのが強い。狙い目は羽田ー福岡、羽田ー神戸あたり

 大手2社より比較的安いが、かなり争奪戦になりがちです。
 
 予約開始から以下の2つの割引運賃が発売になると思うので比べてみましょう。
 どちらも購入期限は同じで以下の通り(WEB予約)

f:id:kktrparty:20190120134150p:plain
スカイマーク支払期限
 
 

いま得

 
 予約変更:不可
 取消・払戻手数料:

f:id:kktrparty:20190120161338p:plain
スカイマークいま得払戻
 
 こちらが最安運賃となります。下の「たす得」に比べて安いが変更不可です。
 

たす得

 
 予約変更:可能(同種運賃同一区間に限る)
 取消・払戻手数料:

f:id:kktrparty:20190120234315p:plain
スカイマークたす得払戻
 
 「いま得」より値段設定は高いが購入後にも変更可能(差額を支払う必要あり)で「いま得」より取消手数料が安いです。
 

U21直前割

 
 搭乗する日の前日からでしか予約できませんが、21歳以下にだけ用意された運賃が存在します。
 
 得にスカイマークネット上前日から抑えられるのがかなり優秀です。(他の航空会社にも若者向けの特別運賃がありますがここまで使いやすいのはスカイマークくらいです)
 
 ちなみに自分はこれで無事家に帰れた経験があります…
 
 
 それぞれ運賃に関してはこちらもきちんと公式ページを確認しておきましょう。
 運賃一覧|スカイマーク SKYMARK

 

LCC(ローコストキャリア)

 
 とにかく安くしたい人向け。だからと言って即決する前に注意してほしいところがあります。

  

  • 空港から移動費用と時間を確認する。

 
 国内LCC羽田空港発着はなく成田空港の発着になります。行ったことある人は大丈夫だと思いますが都内から1時間以上はかかります。また関西空港も神戸となると結構距離があるので交通手段を確認して(電車、バス、船)検討しましょう。
 
 結局上の航空会社で羽田使ったほうが値段は同じくらいか少し高いくらいで済むし快適だったなってことは結構あるあるです。(経験談

  •  支払う1つ手前まで進めて値段を確認する。

 最初に表示されるのは追加オプションや支払手数料が含まれていない値段です。追加オプションはともかく、支払手数料や空港利用料はどうあがいても付いてくる料金なので最初に表示されている値段で買えることはないです。最後の一歩手前まで画面を進めて確認しましょう。
 
 
 追加オプションは預け手荷物や座席指定などになります。特に預け手荷物は当日にやろうとすると割高なので注意。
 機内持ち込みは7kgまで(JAL,ANA,スカイマークは10kgまで)なのでうっかりオーバーして当日に預け手荷物にしてしまいそうならはじめからオプションをつけておいたほうが良いです。
 
 
 Peachの場合当日支払いはクレジットカードのみです。クレジットカードを持ってない人はどうなるか? 詰みます。乗れません。(経験談
 
 

  • 運行会社都合での遅延、欠航のリスク

 
 少ない機材を回して運行しているため、どうしてもFSCに比べ遅延や欠航が多いです。
 
 もし欠航した場合FSCには自社、他社便の振替やその他輸送機関への振替を認めています。(会社によって条件は様々)

 ですがLCCは原則自社便の振替しかできません。
 本日の便すべては満席なので振替便は明日以降です!なんてことになる可能性もあります。
 
 

  • 予約と支払いは同時

 
 普通航空券は「予約」「支払」は別々です。
 
 予約しても支払い期限までなら考え直して無料で勝手にキャンセルして良いのです。もっといい便が取れそうだしとりあえずキープしておくことが上の航空会社ではできます。ですがLCCは基本「予約と支払」が同時ですのでよく考えて予約しましょう。(コンビニ払いに限り24時間の猶予はあります)
 
 
 数多くLCCは国内だけでもありますが、今回は主要の2社を見ていきます。
 
 

Peach

 発売開始時期:一部路線のみ発売中
 
 
 関西空港を拠点とするLCCです。発着は関西空港第2ターミナルを利用するので第1ターミナルの鉄道駅からシャトルバスで10分程度移動する必要があります。
 成田空港では第1ターミナルを利用します。
 LCCは得にですがターミナルが空港によって遠かったりするのでどのターミナルを利用するのかきちんとチェックしましょう。

 使えそうな路線は成田ー福岡あたりか、関東から神戸へは別の会社か交通手段をおすすめします。
 
 

3つの運賃体系

 
 「シンプルピーチ」「バリューピーチ」「プライムピーチ」の3つです。
 シンプルが一番安いですが払戻できません。都合が悪くなったら捨ててしまうことになります。
 
 バリューやプライムを選べば払戻可能ですが当然料金は上乗せされます。FSCや他の交通手段と比較して判断しましょう。
 ちなみに、払い戻しはピーチポイント(Peach内で使える電子マネーのようなもの)で返ってきます。
 
 詳しくは公式にわかりやすい表がありましたので以下を確認。
 www.flypeach.com


 
 正直払い戻ししたら現金で返ってきてくれよって思います。(台風や雪など天候理由の欠航はプランに関わらず全額返金されます)
 
 

ジェットスター

 
 発売開始時期:一部路線のみ発売中
 
 国内海外含め多くの路線を持ち、時々1桁とか3桁とかおかしいセールをすることがあるのがジェットスターです。
 
 オンラインチェックインが非常に便利なので活用しましょう。預ける荷物が無い人はカウンターや発券機に行く必要はなくそのまま保安検査場に行くことができます。
 

国内線は3つの運賃体系

 国内線は
 「Starter」運賃
 「Starter Plus」運賃(「ちゃっかりPlus」)
 「Starter Max」運賃(「しっかりMax」)
 
 一番安い「Starter」は当然払い戻しできません。払い戻しできてもジェットスター内で運賃手数料が使える「フライトバウチャー」(1度しか利用できず差額は返ってきません)が来ます。
 
 
 こちらも公式に詳しい表があったので確認。 
 www.jetstar.com


 
 利用形態をしっかり理解しておけば非常に安く飛行機に乗れる点はLCCの最大のメリットであるといえます。
 
 
 

その他の航空会社

 
 FSCLCCの中間と言える値段とそれぞれの地方に強い航空会社を一部紹介
 機内サービスで会社ごとに個性が強かったりします。就航地の近くにお住まいの方は検討してみては
 
 

ソラシドエア

 
 予約開始:2019年1月31日(木)14:00から
 
 
www.solaseedair.jp

 九州南部が中心のソラシドエア。沖縄のみに限られますが神戸空港に就航している点がツアーでは使えそうです。
 
 また、スカイマークでも少し説明した若者向け運賃(こちらは「ヤング割」)がネット上で予約できる点は優秀です。
 21歳以下、または学生なら利用できます。
 

アイベックスエアラインズ

 予約開始:搭乗2カ月前(62日前)の9:30~(常に62日前が予約発売開始日となります)
 
 仙台空港を中心とするIBEXは仙台公演で使えそうです。
 こちらはシーズンごとに販売ではなく常に2ヶ月前なんですね。
 
 ANAとのコードシェア便(機材はIBEXだが座席はANAでも売っている)も多くあるのでANAで購入することで2ヶ月以上先の便を予約できます。
 
 

スターフライヤー

 
 予約開始:2019年1月31日(木)13:00から

 
www.starflyer.jp

 北九州空港を拠点とするSFJの特徴は黒塗りの航空機、席が広い、顧客満足度10年連続1位。ただ機内Wi-Fiがないのが欠点か
 
 また、九州唯一の深夜早朝便を就航している会社です。朝5:30北九州発→7:00羽田到着する便があるので福岡を最大に堪能したあと翌朝通学通勤という方法もできなくはないです。(かなり上級者向け)
 
 
 羽田ー福岡の路線もあるので視野になると思います。北九州は博多までそれなりに距離があるので注意
 

 
 

まとめ

 
 ぜひミリオンライブ 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!! に向けて準備を進めていきましょう。 
 

 自分はJGC修行中なのですべてJALで移動する予定です。
 
 ちなみに修行僧にとってもいかに安く予約できるか重要な日だったりします。
 実はステイタスを持っている人はさらに早い予約開始時間が用意されています。こんなところでも優遇されるんですね。
  
 修行?ステイタス?よくわからない方はこちらへどうぞ
kktrparty.hatenablog.com


 
 
 それでは、次の現場でお会いしましょう。

 
 Twitterのフォロー、読者登録もよろしくお願いします!