KKTR Party!

JGC修行。マイル、ポイント活動に、アイマスに生きる

JGC修行2020年に影響か?JAL国内線販売のルールが2019年9月10日から大きく変更へ

 こんにちは、2019年JGC修行を解脱しさらにはJGCプレミアまで到達したKKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。
 
 今回は来年の2020年に向けて修行を考えている方や秋冬の国内旅行を考えている人向けの記事です。
 
先月くらいから発表がありましたが、JALの国内線予約のルールが大きく変わります。
 
 ほぼすべての運賃の予約開始時期が
 
 2019年9月10日より
 
 「搭乗日の330日前の午前9:30から」
 
 となります。
 
 公式サイトの告知ページはこちら
www.jal.co.jp
 
 
 これに伴いこれまでのJAL国内線ルールが変わります。次から詳しく見ていきましょう。


 

先得は半期に1度、特便割引は2ヶ月前の同日から開始でした

 
 まずはこれまでの予約開始日のルールをおさらいすると

f:id:kktrparty:20190802222937p:plain
2019年9月9日までのルール
 ・ウルトラ先得などの先得運賃は 半期に1度に一斉販売(8月と1月)
 ・乗継割引28はプレスリリースで都度
 ・それ以外の普通運賃や特便割引は 2ヶ月前の同日
 
 となっていました。
 
 これがほぼすべての運賃にて(一部の便やコードシェアを除く)
 
 搭乗日の330日前の午前9:30から
 
 となります。予約できる範囲がかなり広くなりますね…
 
 

8月末から2020年3月28日搭乗分まで先得の国内線予約開始

 
 そして先得運賃の一斉販売が早い人で8月25日から始まります。
www.jal.co.jp

 この1年に2回の先得一斉販売はこのタイミングで終了となることも発表されました。

 

f:id:kktrparty:20190804103900j:plain
先得一斉販売は次で終了
 

修行僧にとって大事な1月~3月搭乗分予約開始なので毎年争奪戦だった

 
 修行僧の王道路線である羽田ー那覇路線が最も安くなる時期がこの1月~3月の間です。
 
 とにかく安く済ませたいのであればこの時期のウルトラ先得を抑えなければなりません。
 
「回数修行僧」の方も必死に予約する日となるので
 
 とにかく争奪戦になり毎回繋がりません。本当にひどいレベルで繋がりませんが諦めず頑張りましょうw
 
 
 しかしながら、9月10日から330日後まで予約できるので8月末の先得一斉販売で慌てる必要はないのかもしれません。
こればかりは蓋を開けてみないとわかりませんね。
 
 修行の王道路線についてはこちらでも解説しています。
www.kktrparty.com
 



 

9月10日から330日後先までほぼすべての運賃が予約できるようになる

 9月10日の時点で来年の8月5日まで予約が可能になるわけですから、来年の春休みやゴールデンウィークまで確保できるのではかなり先ではあるものの予定が決まっている方にはかなり良いと思います。
 
 まあたいていの人は決まってませんよね…逆に安い運賃が無くなるかもと焦ってしまうという感じがあるのかなと個人的には思います。
 

2020年JGC修行僧への影響はあるのか

 
 330日後まで特便割引も予約できるところは利点ですね。特便割引では国内ファーストクラスを購入できるので当日アップグレードに賭けることなく確実にFOPを多く獲得できます。
 
 また、先得と特便の値段を見てFOP単価を比較できる点は利点でしょう。
 
 これまでは55日前までの先得運賃「スーパー先得」などを抑えておいて2ヶ月前に「特便割引21」の値段や空席状況を見ていました。

 下に例をあげてみます
 

先得と特便の比較の例

 羽田ー那覇路線の一部で例をあげると
 

出発 到着 座席クラス 予約クラス 値段 FOP FOP単価
HND OKA 普通席 特便割引21 ¥12,990 1876 ¥6.92
HND OKA 普通席 先得割引A ¥10,190 1476 ¥6.90
 
 値段だけ見れば下の先得のほうが安いですが、FOP単価を見ると特便割引とほぼ同じなんですよね
 なら1レグでより多くのFOPを稼げる特便21で予約したほうが効率的だと考えきれます。
 
 このときは搭乗2ヶ月前でスーパー先得が売り切れており先得運賃が「先得割引タイプA」しか残ってなかったのもあってこのような値段比較となりました。

 今後は330日前から常に比較ができるので先得と特便を使い分ける必要があるでしょう。
 
 
 先得と特便の違いについてはここでも詳しく解説しています。
www.kktrparty.com

取消手数料も少し変わるが基本は55日前なら440円のみでキャンセルできる

 
 取消、払戻手数料も少しだけ変更がありましたが抑えておくべき点は
 
 先得も特便も55日前であれば 440円*1 で予約を取り消すことができる。
 
 ということ
 さらに
 
 55日前をすぎると
 
 先得だと50%相当をキャンセル代として取られてしまいますが

 特便だと5%相当で済みます。
 
 先の予定が不明確な人だけどとりあえず予約しておきたい場合は少し高くても特便割引を選ぶのが良いと言えますね。
 
 9月10日以降のルールは以下の通り

f:id:kktrparty:20190804120039j:plain
新ルールの取消・払戻手数料 国内線運賃のルール変更について - JAL

 ※10月1日以降に購入した航空券の取消手数料は440円となります。
 f:id:kktrparty:20191009142048p:plain

東京オリンピック、パラリンピックのためだと予想される

 このルール変更は来年に控える東京オリンピックとパラリンピックが少なからず影響しているでしょう。
 
 そしてこの時期は高くても売れる時期になります。多くの人が国内移動をしますし海外からたくさん人もやってきて混雑することでしょう。
 
 もし2020年JGC修行を考えている人はできるだけ
 
 6月までには解脱するか、ある程度は稼ぎ切ることが必要ではないでしょうか。
 
(年の後半に修行すると予定通りにいかなかったときにリカバリーが効きにくいので危険です)
 
 

10月からは消費前増税が予定されています。それより前に発券しておけば10月以降に搭乗する便でも増額分を後で支払う必要はありません

 
 もう一つ考慮する点があります。それは「消費税増税」です。

 この影響で航空券の値段は上がってしまうのですが、原則、航空券は発券したときの消費税率で支払います。

 増税する前に発券、購入していれば増税後に搭乗する便であっても増税前の値段で乗れます。
 
 予定が決まっているのであれば修行フライトは増税前に発券しておきたいですね。
 
 

ルール変更実施後、どうなった?

 ※10/11追記
 330日後のルールが始まり始まってすぐ修行僧の戦いで安い運賃は刈り取られてしまったかと思いましたが
 
 多くはないもののまだ単価10円を切る運賃は残っていますね
 例えば王道の羽田ー那覇でも
 

f:id:kktrparty:20191011175751p:plain
那覇ー羽田の例
 
f:id:kktrparty:20191011175720p:plain
羽田ー那覇の例

 のような感じです。
 ちなみにこの「羽田那覇」の例は一見値段の安い先得に手が伸びそうですが
 特便割引21がこの値段ならFOP単価を比べてみると特便割引のほうが良さそうです。
 表にしてみると
  

出発 到着 座席クラス 予約クラス 値段 FOP FOP単価
HND OKA 普通席 特便割引21 ¥11,810 1876 ¥6.29
HND OKA 普通席 先得割引A ¥9,510 1476 ¥6.44
 
 このようにルール変更によって常に先得と特便割引を比べることができるようになったのは良いことでしょう。
 
  

単価をより抑えたいのなら10月11月の予約開始を待つのも手

 
 やっぱり現状では日程と値段が噛み合わないなと思うのであれば
 330日後の予約開始を狙うのも手です。
 
 2020年の序盤は国際線で多めに稼ぎ、終盤に国内線で調整して解脱するのが精神的にも良いです。
 
 今からであれば来年の10月や11月の修行を練っておき予約開始(今年の11月12月ごろ)直後に抑えていく感じ。
 FOP修行としては最後の仕上げですね。
 
 国際線を序盤にする一番の理由はプレエコ予約クラス「E」の積算率変更が予定されているからです。
www.kktrparty.com
 予定がある方はとっとと乗ってしまいましょう。
 
 
 

まとめ

・8月25日からの冬ダイヤ先得一斉販売
・先得一斉販売は次で終了
・9月10日から330日後まで予約できる
・修行するならオリンピック前もしくはその後
 
 
それでは、次の現場でお会いしましょう。
 
JGC修行についてはこちらでまとめてあります。
www.kktrparty.com
 
 JGC修行とは?という方はこちら
www.kktrparty.com

www.kktrparty.com

www.kktrparty.com

TwitterやInstagramのフォロー
読者登録もよろしくお願いします!



Instagram follow me!

*1:2019年9月30日までに購入した分は430円