SPGアメックス新規入会キャンペーン活用で国内2往復半もの航空券が手に入る!格安旅行好きで高級ホテルに興味ない人も注目

こんにちは、KKTR(かくてる)です。

『SPGアメックス』

というクレジットカードをご存知でしょうか。旅行好きな人や高級ホテル滞在が好きな人がごぞっとおすすめしているこのクレジットカードは持っているだけで世界最大のホテルグループ「マリオットインターナショナル」のホテル会員プログラム「マリオット・ボンヴォイ」の上級会員になれたり、系列ホテルにクレジットカード継続によって無料で1泊できるといった特典があります。

しかし、年会費31,000円+税という高額な年会費が発行への足止めになっているかと思います。特に旅行やお出かけをよくするといった人でも以下のような思考を持った人は

  • 高級ホテルはあまり興味ない、ホテルは寝れればいい
  • その分のお金があるなら次の旅費に回したい

こんな高額なカードをもつ必要なんてないと思っていることでしょう。(実際私もそうでした)

 

しかし、そういった人向けでもこの「SPGアメックス」を持つべき理由を伝授します。それはこのクレジットカードのもう一つの特徴に

利用で貯まるポイントは「世界中の数多くの航空会社マイレージ」と交換が可能

という性能があることです。

 

そしていまなら発行キャンペーンでポイントが大幅に増量中でこのキャンペーンを達成し、そのポイントをマイルに移行することで

国内線航空券が2往復半も発券できるほどのマイルが手に入るというこれまでに無いチャンスとなっています

 

うまく活用すれば国内線に5回も乗れてしまいます(羽田から北は稚内、南は鹿児島まで)つまり

年会費34,100円は片道あたり6,820円の航空券になる

羽田ー福岡や羽田ー新千歳など時期に関わらずいつも値段が高めの路線によく乗るといった人は特に破格なキャンペーン思います。少しでも興味を持った人はぜひ最後まで御覧ください。

 

 

目次

【2021年12月7日まで】SPGアメックス発行と利用で75,000ポイント獲得→マイルに交換で国内線2往復半の航空券へ!

正式名称は『スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード』と言います。(以降「SPGアメックス」と表記)その基本的な内容は以下の通りです。

名称『スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード』
(SPGアメックス)
年会費31,000円 + 税
ポイント積算100円利用につき3ポイント
ポイント有効期限1年間(だがポイント獲得で所持ポイントがすべて1年延長するので実質無制限)
マイル還元率1%~1.25%(一部を除く)
独自の特典

上級会員資格(ゴールドエリート)
無料宿泊特典
40社以上の航空会社マイレージへ移行可能

このSPGアメックスはクレジットカードで決済による利用で通常100円につき3ポイントが貯まる「Marriott Bonvoy」というラグジュアリーホテル系列のカードで、主にこの系列ホテルでの利用で優遇されるカードです。さらにもう一つの特徴としてこの貯まるポイントは世界中の多くの航空会社マイレージへ移行できるという特徴があります。

 

そのポイントが2021年12月7日までの紹介プログラム限定の新規入会キャンペーンがこれまでに無い最大75,000ポイントを獲得できるチャンスとなっています。

  1. ご入会後3ヶ月以内に合計10万円以上のご利用で、36,000ボーナスポイントをプレゼント
  2. ご入会後3ヶ月以内に合計30万円以上のご利用で、さらに30,000ボーナスポイントをプレゼント
  3. 合計30万円カードを利用した場合の通常ご利用ポイント:9,000ポイント

②の30万円以上利用で3万ポイントボーナスがこれまでに無い部分で、この合計で75,000ポイントが獲得できます。

なおこの最大75,000ポイントまで獲得できる新規入会キャンペーンは既存会員からの紹介のみとなっております。既存会員の方が周りにいない場合は、差し支えなければ私からの紹介という形で入会できます。ぜひ最後までお読みいただき、SPGアメックスの活用法や考え方に自分も当てはまるとお思いであれば私にまでお問い合わせをお願いします。(お問い合わせ方法はこの記事の最後を御覧ください)

 

40社以上の航空会社マイルに交換可能、さらに60,000ポイント一度に交換すると5,000マイル増量する

私が思う、SPGアメックスのもっとも魅力的なところがこれです。

貯まったポイントをJAL、ANAを含む世界中の数多くの航空会社マイレージに交換できる

 

一部を除きほとんどの移行レートは3:1となっており

3ポイント → 1マイル

ポイントは100円につき3ポイント貯まるので100円につき1マイル貯まると言えます。

 

さらに!航空会社マイレージへ移行する際に

60,000ポイントを一度に交換すると5000マイル上乗せされる

という特徴を活かし、先述したキャンペーンで獲得した75,000ポイントは3万マイルに交換することが可能です。

60,000ポイント → 25,000マイル
15,000ポイント → 5,000マイル
と交換することで3万マイルを獲得できます。

こうして得たマイルを特典航空券にすることでカード発行で国内線に乗れてしまうわけです。

 

おすすめはJAL国内線が発券できる『ブリティッシュ・エアウェイズ』やANAの国内線に発券できる『ユナイテッド航空』のマイルに交換する

多くの航空会社のマイルに交換することができますが、その中でもおすすめが

  • 『ブリティッシュ・エアウェイズ』の「ExecutiveClub」
  • 『ユナイテッド航空』の「マイレージ・プラス」
  • 『JAL』の「JALマイレージバンク」
  • 『ANA』の「ANAマイレージクラブ」

これらにマイルに移行するのがおすすめです。34,100円の年会費は余裕で元が取れます。

なお先程は75,000マリオットポイントをすべてマイルに交換しましたが、15,000ポイントを5000マイルに交換するのはもったいないと感じる方もいると思いますので(60,000ポイント単位で移行しなければ5000マイルの上乗せはないため)

60,000ポイント → 25,000マイル

でのみ移行したと考えて説明します。

以下にその特徴を簡単に説明します。詳しくは該当記事を御覧ください。

ブリティッシュ・エアウェイズ

ブリティッシュエアウェイズはJALの国内線を発券することができます。BAはマイルのことを「Avios」といいますが名前が違うだけで意味はマイル(ポイント)と変わりはありません。

残念ながら最短距離は6,000Avios→7,500Aviosとなってしまいました。JAL国内線として乗るならJALマイルに交換したほうがおすすめです。

主に7,500Avios(羽田沖縄路線などの区間距離が650マイル以上は9000Avios)で日本国内線を発券することが可能です。

60,000マリオットポイント → 25,000Avios

にすれば6,000Avios区間を2往復はできるので年会費34,100円は

JAL国内線片道 8,525円とも言えます。

 

関連記事

2021年7月 急に650マイル区間は6000aviosから7500aviosになってしまいました…以下の記事内容は6000aviosで発券できるときのものです。参考程度にお願いいたします。  今回は[…]

ユナイテッド航空

ポイント効率では最もおすすめなのがこちら。ユナイテッド航空ではANAの国内線を発券できます。

こちらは最安で5500マイルで国内線を発券できる(羽田那覇など距離が801マイル以上は9000マイルで発券できる)うえに

ほとんどの航空会社は3ポイント→1マイルのレートですが、マリオットとユナイテッド航空は強い提携を行っており

3ポイント→1.1マイル

という少し高めのレートでポイントからマイルへの交換が可能です。もちろん6万ポイントでの移行で5000マイルの上乗せもあり

60,000マリオットポイント→27,500マイル

となるので年会費34,100円は

ANA国内線片道 6,820円とも言えます。

関連記事

こんにちは、KKTR(かくてる)です。今回は国内線を頻繁に乗るという人、必見の内容です。 『ユナイテッド航空』という航空会社をご存知でしょうか?アメリカの航空会社のユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスに[…]

 

もちろんJAL、ANAも可能

日本の航空会社なので急な遅延、欠航の際にすぐ対応できることもありJALやANAのマイルに交換するのも選択肢です。どちらも3:1のレートで6万ポイント単位での移行で5000マイル上乗せがあるので

60,000マリオットポイント → 25,000マイル
となります。

JALやANAは先程のBAやUAの航空会社より同じ区間でも発券に必要なマイルが同じかそれ以上であることが多いので国内線の発券ではあまりおすすめしていませんが、日本の航空会社である安心感とイレギュラー時の対応をスムーズにしたい、そして今後の国際線発券のために大量のマイルが必要なのでJALかANAで貯めておきたいといった考えがあるのであれば全然アリだと思います。

また直前に対象路線が公開されより少ないマイルで飛ぶことができるANAの『とくたびマイル』も利用する機会が多いのならANAマイルに交換もいいでしょう。

 

 

SPGアメックス発行キャンペーンを活用して特典航空券を発券するまでの手順

ここまでSPGアメックスの特徴とマイレージ移行について説明していきましたが、では実際に航空券の発券までどうすればいいかを説明します。簡単には以下の通りです。

  1. マリオットアカウントを作成する
  2. 紹介キャンペーンでSPGアメックスを発行する
  3. 【※重要】3ヶ月に30万円以上利用して75,000ポイントを獲得する
  4. 60,000ポイントをマイルに交換する
  5. 特典航空券を発券する

それぞれ詳しくみていきます。

 

マリオットアカウントを作成する

まずはこの『マリオットボンヴォイ』のアカウントを発行しなければマリオットポイントを貯めることができません。SPGアメックス発行申し込みの際に途中で会員番号の入力を求められますので、あらかじめ作成しておきましょう。

SPGアメックスの申し込みの途中でマリオットアカウントの作成もできますがこうすると紹介発行の対象外となるといった報告もあるので必ず申し込み前にあらかじめマリオットアカウントを作っておきましょう。

もちろん作成は無料です。

Marriott Bonvoy に入会する

アカウント作成にも紹介制度あり。発行から1年の間に1滞在につき2000ポイント

ちなみに、一応アカウントの作成にも紹介制度があり紹介された人がマリオットボンヴォイ系列ホテルに1滞在するごとに2000マリオットポイント、最大で10,000マリオットポイントの獲得ができます。

本記事の内容は系列ホテルに頻繁に泊まる人向けではない内容のため強くおすすめはしませんが一応あることだけ伝えておきます。

 

紹介キャンペーンから「SPGアメックス」を発行する

本題となるクレジットカードの発行ですが、こればかりは紹介による発行以外ありえないと言えるので必ず既存会員からの紹介発行リンクからSPGアメックスを発行しましょう。

なお、既存会員に個人情報を伝える必要はありませんし、紹介された人の個人情報が紹介した側にくることはありませんのでご安心ください。

 

【重要】発行後3ヶ月以内に30万円以上の利用をする

ここが一番重要です。発行したら入会日から3ヶ月以内に30万円以上利用しましょう。

少しハードルが高いように感じますが、このときだけは支払いをSPGアメックスに集中させるようにすればそこまで難しい金額ではないと思います。

 

このときの注意点として

年会費の34,100円は初年度から発生しますが、年会費支払いはキャンペーンの30万円利用には含まれません
キャンペーンの30万円利用には含まれるものの、一部の税金や公共料金の支払いは通常のポイント(100円利用につき3ポイント)が対象外だったりポイント付与率が半分の場合がある

といった点もあります。ポイント加算対象外について詳しくは以下のページもチェックしておきましょう。

加算対象外・100円=1ポイントとして換算されない加盟店 |アメリカン・エキスプレス®(アメックス)

 

発行したら3ヶ月以内にここまで達成することを目指しましょう。

 

60,000ポイントをマイルに交換する

こうして手に入れたマリオットポイントをマイルに移行します。当然ですが移行先の航空会社マイレージプログラムのアカウントが無いと移行はできません。また、マリオットの姓名とマイレージプログラムの姓名が一致していないといけません。

移行はリアルタイムではなく数日のタイムラグがありますのでその点も注意しましょう。

 

以下のページから移行できます。交換レートや詳しい規約も載っています。

ポイントからマイルへの交換方法 | エアライントランスファーパートナー | Marriott Bonvoy

 

ここで重要なのは何度もいいますが、60,000ポイント単位で移行すること。

基本3:1のレートなので60,000ポイントは20,000マイルとなりますが、これに5000マイル上乗せされ25,000マイルとなります。

60,000ポイント→25,000マイル

急ぎでなければ移行増量キャンペーンを待つのも手

特にBA(ブリティッシュエアウェイズ)やUA(ユナイテッド航空)でたまにあるのがマイル移行による増量キャンペーンです。

これによってさらにマイルが上乗せされるので急ぎではない場合はこれを待つのも手です。

 

過去の例ですが、ユナイテッド航空が移行したポイントの30%が増量するキャンペーンを行っていて実際に私も増量キャンペーン中にユナイテッド航空のマイルに移行したことがあります。

なんと60000ポイントを移行して得た27500マイルの30%の8250マイル増量して獲得できています。

つまり

60000ポイント → 37500マイル

の交換が実現しています。

 

マイルの有効期限には注意

移行したはいいものの、マイルの有効期限には注意しましょう。おすすめした航空会社のマイル有効期限は以下の通り(ステイタスによる優遇がない場合)

航空会社マイルの有効期限
ブリティッシュ・エアウェイズ3年間(マイルの獲得・使用があるたびに、更に3年延長)
ユナイテッド航空無制限
JAL3年間(36ヶ月)
ANA3年間(36ヶ月)

 

マリオットポイントは1年間の期限があるものの、加算されればすべてのポイントが1年間延長されますので事実上無制限です。特にすぐ使う予定がなければ移行せずにマリオットポイントのままで貯めておくのも手です。

 

特典航空券を発券する

このあとはそれぞれの航空会社で特典航空券を発券します。ちなみに『特典航空券』とはマイルで発券した航空券のことを指します。これは正式名称なので検索ワードとして使えますので覚えておきましょう。海外の航空会社でも『Award Ticket』と言ったりします。

 

航空会社によってマイル数や発券のルール、就航路線などの差はあるものの

貯めたポイントを自分に合った都合の良い航空会社を選んで移行できる

というのがこのクレジットカードの本当の強さだと私は感じております。

 

マイル移行で年会費は元を取れるどころか得をしている 

SPGアメックスで貯めたポイントはマイルへ移行することができるのが魅力だとお伝えしました。今回の新規入会キャンペーンを活用すれば高額な年会費は安く国内線航空券になるとも言いましたが

 

Aさん
いやでもあらかじめ安いときに購入しておけば安く飛行機に乗れるし…

といった意見もわかります。でも安いだけではないんです。

これは航空会社マイレージの魅力になりますが、特典航空券には航空会社によって細かいルールや差があるものの以下のような特徴を持っていることが多いです。

  • 直前でも空きさえあれば一定のマイル数で発券できる
  • 変更やキャンセルの縛りが少なく、無料~少額で何度も変更、取消できる

例えば急に3日後に札幌から東京に行かなければならない!といったときにJALで検索すると…

3日前までの割引運賃で最安でも24,560円となっています。

 

羽田新千歳のJAL便ならブリティッシュエアウェイズ(BA)で6,000Aviosで発券できる区間です。3日前までならWebで発券できます。

 

先程のマイル移行の解説でBAに6万ポイント移行ならJAL国内線2往復できると言いました。つまり

 

24,560円の価値4回分になったとも考えきれるのではないでしょうか??

 

何言ってるんだコイツwと思うかもしれませんが、もちろんすべてがすべてこのように高い価値で発券できるとは限りませんし、高い価値で発券することにこだわると何もできなくなるだろというのもありますのであくまでマイルの価値はこんなにも引き上がることがあるという1つの考え方として捉えていただきたいです。

ただいざ数日後の飛行機に乗らないといけなくなったときの保険のように、特典航空券の性能がフルに発揮される場面と思ったらマイルで発券する。そんな使い方もできるわけです。

 

 

無料宿泊やポイント泊などマリオットホテル利用のメリット

ここまでマイル移行について解説してきましたが、一応高級ホテル系列の利用で優遇されるカードなんでしょとお思いの方もいるはずなので、少しだけホテルに関することも解説します。

 

マリオットボンヴォイ系列ホテルは世界一の数を誇るホテルチェーンでありホテル数は6500以上、日本だけでも60以上で2021年もどんどん数を増やしています。

SPGアメックスを持っている限り「マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」の上級会員資格「ゴールドエリート」になることができるので世界中で数多くの系列ホテルで優遇を受けることができるわけです。

ゴールドエリートになるとマリオットボンヴォイ系列ホテルに宿泊する際に様々な優遇があるのですが特に影響が大きいのは以下の2つ

  • 上位ルームへのアップグレード(空室状況による)
  • 14時までのレイトチェックアウト(空室状況による)

どちらも100%お約束できるわけではありませんが、良いホテルのより良い部屋で14時までゆったりホテルステイを楽しめるわけですね。

ゴールドエリートについては以下も参照
マリオットのゴールドエリート | ゴールド会員資格と限定特典 | Marriott Bonvoy

 

マリオットポイントを利用して宿泊も可能

マリオットポイントを利用してマリオットボンヴォイ系列ホテル宿泊することが可能です。

(これまで説明した「マイルを使って航空券を発券する」とだいたい同じ感覚です)

 

1泊に必要なポイント数はホテルのランクによってカテゴリー分けがされており、それぞれでオフピーク、スタンダード、ピークの時期で1泊あたりのポイント数が決まっています。(ピークの時期はホテルごとに決まっており一定の期間が決められているわけではありません)

 

ちなみに、入会キャンペーンで75,000ポイント獲得できれば、7万ポイントを使ってこんなところに1泊できたりします。

超高級ホテルチェーンの『ザ・リッツ・カールトン』系列の『ザ・リッツ・カールトン日光』に泊まれてしまうのです。常に1泊10万円前後のホテルなので初年度の34,100円の年会費なんて余裕で元が取れてしまいますね…

 

以下は私が実際に泊まったホテルを紹介。どちらもキャンペーンで得たポイントでの宿泊にもおすすめです。

メズム東京、オートグラフコレクション(カテゴリー7)

オフピーク 50,000 スタンダード 60,000 ピーク 70,000

ホテルの質はもちろんのことスタッフの対応も朝食も何もかも良かったホテルです。ぜひその良さをみなさんも五感で感じましょう。

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(カテゴリー7)

オフピーク 50,000 スタンダード 60,000 ピーク 70,000

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの1つ。特にクラブラウンジにあったお茶漬けがマジで美味かったです。

 

継続特典は1泊50,000ポイントのホテルまで無料宿泊できる(1泊1室2名)

カード継続特典として得られる無料宿泊は1泊5万ポイントのホテルまで宿泊でき、1泊1室2名まで可能です。

最大カテゴリー7のオフピークまで可能ですが、主に利用できるのはカテゴリー6(オフピーク 40,000 スタンダード 50,000 ピーク 60,000)のスタンダードになるのかなと思います。カテゴリー6は日本国内でも数多くありますが、例えば以下のようなホテルに無料宿泊できます。

こちらはある日のポイント数と有償の値段になります。

ポイント数の下に有償で泊まった場合の日本円での値段が書いてありますが、年会費の31,400円をはるかに上回る値段となっています。ここまで過剰に有償泊とポイント泊の差がつくことはあまりないのですが、5万ポイントあればたいてい1泊2~3万円程度のホテルに無料宿泊することが可能です。

 

マリオットボンヴォイ系列ホテルの紹介やポイントの有効活用については調べれば良くも悪くも数多くヒットすると思いますので興味のある方は検索してじっくり考えてみてくださいね。

 

ちなみに「ホテル修行」なんて言葉もあったりします。当ブログでは大きく取り上げたりしませんが、ホテルステイも気になるという方は「マリオット 修行」とか「プラチナチャレンジ」とか「マリオット ステータスマッチ」とかいうワードで調べてみるといいと思います。

 

デメリットは初年度から発生する年会費と無料宿泊特典は2年目以降の継続からであること

デメリットとしては高額な年会費が初年度から発生するにも関わらず、先述した無料宿泊特典は2年目からの継続特典であることです。

 

しかしながら今回の入会キャンペーンで75,000ポイントを獲得し、これまで解説した通りマイル移行なら国内線2往復半の航空券が手に入ると言えますし、ポイント宿泊でも7万ポイントが必要なホテルなら初年度の年会費以上の価値を得ているはずです。ここまで使ってみてやっぱり自分には合わないなと感じるのであれば2年目の年会費発生までに解約するのも手でしょう。クレジットカードにはそれぞれのライフスタイルに合う合わないがありますしね。

 

クレジットカード決済によって貯めたポイントを60,000ポイント単位で交換すれば25,000マイルになるのですから還元率1.25%でマイル貯まるクレジットカードとして今後も運用し続けることができますし、2年目以降は無料宿泊特典を活用していけばより飛行機旅行をお得に、ホテルステイを快適に過ごせるはずです。

・1年目はキャンペーンを得たポイントでマイルにする
・2年目以降も還元率1.25%でマイル貯まるクレジットカードとして運用しつつ無料宿泊特典をうまく活用していく

これが私のおすすめする「SPGアメックス」の活用方法です!

 

紹介キャンペーンでの入会方法

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。航空券にも宿泊にも化ける可能性を持ったクレジットカード『SPGアメックス』を紹介できる方は近くにいないという方は差し支えなければ私から紹介が可能です。

私のTwitterに紹介リンクを送ってほしいとダイレクトメールをしていただければすぐに対応します。

KKTR(かくてる)
@kkt_witte_r | Twitter

 

もしくは次の問い合わせフォームからご連絡いただければ紹介リンクをお送りします。

お問い合わせはこちら

管理人へ直接のお問い合わせはこちらからメッセージをお送りください。[…]

上記のお問い合わせフォームからの場合はお問い合わせ内容に「SPGアメックス紹介希望」と記入していただければメールアドレスに紹介発行のリンクをお送りします。このときメールアドレスはお間違えのないようにお願いいたします。(先述したマリオットアカウントの紹介も希望する場合はその旨もあわせて記入してください)お名前は「あ」でも「い」でもなんでも良いです。

どちらのお問い合わせにしても私に個人情報を伝える必要はありませんし、当然申し込み時の個人情報が私の元にくることはありませんのでご安心ください。

 

 

まとめ

私のような考え方、利用方法に合致するなら、多額の年会費というコストから圧倒的なアドバンテージを叩き出すクレジットカードと言えるでしょう。1年に1回くらいなら高級ホテルに宿泊してもいいなと思うならなおさら発行をおすすめします。

 

  • SPGアメックスは『Marriott Bonvoy」というラグジュアリーホテル系列のカード
  • 決済により貯まるポイントはホテル宿泊にも使えるが、数多くの航空会社マイレージ移行にも使える
  • マイレージ移行は6万ポイント単位での移行で5000マイル上乗せされる
  • 発行は紹介発行が得!2021年12月7日までの発行はキャンペーン達成で75,000ポイント獲得できるというこれまでに無いチャンス!
  • キャンペーンで得たポイントをマイルに交換すれば国内線2往復半相当のマイルになる
  • キャンペーンで得たポイントで宿泊でも年会費以上の価値は得られる
  • 2年目以降は無料宿泊特典を利用しつつも1.25%でマイルが貯められるクレジットカードとして利用する

 

 
KKTR
(かくてる)
それでは、次の現場でお会いしましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

KKTR(かくてる)
@kkt_witte_r | Twitter

 

地方に住んでるけど、現場はいつも関東…
関東に住んでるけど地方ライブまでは…

大きな負担になる交通費
マイルで解決します!

私は福岡に住んでいますが
マイルで何度も都内遠征を繰り返しています!
その秘密は以下の記事から!

遠征オタクはマイルで交通費をタダにしよう!
マイルを貯めてコンサートやイベントに行きまくった私が伝えるマイルの貯め方

スポンサーリンク