JALカードのアップグレード、ダウングレード時の切り替えの注意点

JAL JALカードアップグレードダウングレードの注意点

こんにちは、KKTR(かくてる)です。

JALカードを持っている人で

カードのランクを上位にランクアップ(アップグレード)したい、逆にランクダウン(ダウングレード)したい、新しく別の種類のカードを発行したい…という人がどうすればいいかは、まず結論ですが以下のJALカード公式サイトで確認してください。

すでにJALカードをお持ちの方へ
https://jalcard.jal.co.jp/admission/attention.html

あなたがどの手続きをしなければならないかはこのページを見れば解決すると思います。

 

手続きの方法は主に2パターンで

・JALホームページの「MyJALCARD」で手続きする
・「JALカード お客さまサービスセンター」に電話する

のどちらかです。以下からはそれぞれの手続きの注意点をまとめています。

 

JALカードのアップグレードは同ブランドならネットで簡単に手続きできる

JALカードのブランド(JCBやVISA、MasterCardなど)が同じであれば「MyJALCARD」での手続きで終わります。

 

例えばJALカード(普通)JCB → JALカード(CLUB-Aゴールド)JCB

に切り替えしたい場合はブランドが同じJCBなので「MyJALCARDでの手続き」で良いというわけです。(もちろん電話でも可能です)

 

「MyJALCARD」での手続き

JALのホームページを開きJMBへログインしましょう。

上部の「マイレージ&JALカード」をクリックすると「MyJALCARD」へのリンクが出てきます。

「MyJALCARD」へログインできたら上部のメニューから「カードの切替・追加」を選択すると手続きできる項目が出てきます。

 

 

旧カードの年会費は月割で返金される

同じブランドであれば旧カードの年会費は残月分返金されます。計算式は以下の通り

カード年会費(税別)÷12カ月×次回有効期限月までの残月数(切替当月含まず)+消費税
 
参考:提携ブランドを変えずに、種別を変更した場合の年会費はどうなりますか?
http://faq-jalcard.jal.co.jp/app/answers/detail/a_id/81/?_ga=2.73426898.1509984795.1591880156-1134336074.1554934602
 

JALカードのダウングレードは同ブランドならネットで資料請求。年会費調整の返金はなし

逆にダウングレードする場合は「MyJALCARD」の「資料請求」から手続きの資料を送ってもらう必要があります。届いた資料をよく見て手続きを行いましょう。

 

また、どの場合であっても年会費の返金調整はないので注意してください。次の年会費が発生しないようにせめて「有効期限月の前月初旬頃」にJALカードへ連絡して専用の書類を取り寄せておきましょう。

 

 

 

JALカードの別ブランドの種別変更(アップグレード、ダウングレード)の場合は年会費返金なし

種別を変更する、アップグレード、ダウングレードともに別ブランドだと年会費の返金はありません。

別ブランドのカードを発行するにも、

「今持っているカードを退会する」
「持っているカードを保持したままもう1枚持つ」

2つのパターンがあります。

持っているカードを退会し新しいカードで再入会する

ダウングレード、アップグレードともに、今持っているJALカードをほかの提携ブランドに変更するということは

今持っているJALカードを退会し新しいカードで再入会する

という処理になります。

この場合は「JALカードお客様サービスセンター」へ電話して資料請求しなければなりません。

なお、仮に審査が通らなかった場合は旧カードをそのまま利用可能です。入会が確定してから旧カードの退会処理が通りますが、この処理が気になる方は電話で資料請求する際に確認することをおすすめします。

参考:今持っているJALカードをほかの提携ブランドに変更する方法は?
http://faq-jalcard.jal.co.jp/app/answers/detail/a_id/90/?_ga=2.73426898.1509984795.1591880156-1134336074.1554934602

なお、この場合は年会費の返金調整はありません。

 

今のJALカードを保持したままもう1枚持つ

別のブランドであれば一部のカードを除いてJALカードを複数持つことが可能です。(JCBを持っていてMasterCardを発行したいなど)その場合は普通にカード入会の手続きをすれば良いです。

詳しくは後述しますが、ほとんどの場合無駄に年会費がかさばるだけなので2枚以上持つことにあまり意味はありません。

 

 

JALカードは重複して持っても基本あまり意味はない

以下の2つがあまり意味がないと言う理由です。

・入会キャンペーンが適用されない
・ボーナスマイルなどは高い方が優先され重複しない

その上、2枚目以降の年会費は当然かかるので持つだけ年会費がかさむだけです。一応、提携カードの特典が利用したいという人は複数持つ理由はありますが年会費を払うほど必要か考えなければなりません。

 

JALカードの入会キャンペーンは一生に一度なので2枚目以降適用されない

JALカードが行っている入会キャンペーンは2枚目以降(再入会も含む)適用されません。なので入会キャンペーンでマイルを稼ぐことは1度だけなんですよね。

(逆にANAのカードはカードごとで入会キャンペーンが適用されるのでANAマイルを主に貯めているという人は何種類もANAカードを持っていることも多いです)

 

ボーナスマイルなどは高い方が優先され重複しない

JALカードは年に初めて1回でも乗るとボーナスマイルがもらえたり、搭乗の度にカードの種類によってボーナスマイルが数%上乗せされます。しかし複数枚持ってもこれらが重複することはなく最も高いのが優先されます。

 

 

提携カードの特典を得るのなら意味はあるが年会費と天秤をかける必要あり

もちろん完全に意味がないわけではありません。一部の提携カードにはそのカードを持たなければ得られない特典があります。

例えば今自分はJCBプラチナを持っているとします。ここである日東急ポイントをJALマイルに交換したいと思いました。

この特典は『JALカード TOKYU POINT ClubQ 』を持つことで可能となります。しかしJALカードのプラチナは「JCB」と「アメリカンエキスプレス」しかなく、TOKYU POINT ClubQは「VISA」「MasterCard」しかありません。また、東急カードのランクもCLUB-Aゴールドが最も高くプラチナはありません。

この場合、プラチナのカードを保持したまま東急カードの特典を受けたいといった場合は2枚持つのもアリだと思います。しかし当然、JCBプラチナの34,100円『JALカード TOKYU POINT ClubQ 』の年会費が余計にかかります。このコストに見合うかどうかを検討しなければなりません。

 

JALグローバルクラブの入会条件を達成し入会する場合

JALグローバルクラブ(JGC)はJMBサファイアのステイタスカードに同封されている申込書を郵送するか、MyJALCARDでの手続きで完了します。

ちなみに私はやったことないですが、入会を急ぐ場合は電話することでJGC入会書類をステイタスカードが届く前に郵送してもらうことが可能です。この入会書類を必要事項を記入して送り返すことでいち早くJGCに入会できるわけですね。(これを「ワープ申請」と言ったりします)

JGC入会の書類が同封されているサファイアのステイタスカードは達成されてから郵送で届くまで2~3週間かかり、MyJALCARDでの手続きが可能となるのもある程度時間がかかるため、こうして電話することでいち早く手に入るわけですね。

 

JGC(JALグローバルクラブ)とは?という人はこちらからどうぞ

関連記事

最近テレビ番組でも取り上げるようにもなった、日本航空(JAL)の上級会員を目指す「JGC修行」とはなんでしょうか。2019年にJGC修行をした私、「KKTR(かくてる)」がこれからJGC修行をする人向けに「JGC修行とは何か?」とい[…]

 

 

CLUB EST CLUB-Aカード(MasterCard)からプラチナ CLUB EST (JCB)へ切り替えた体験談

ここからは実際にJALカードを別ブランドでアップグレードした私の体験談です。私が当時持っていた『JALカードCLUB EST CLUB-A』(MasterCard)をCLUB ESTプラチナ(JCB)に切り替えました。これはJGC修行するためにCLUB-Aを発行したものの、プラチナのほうが修行するには最適であることに気づいたことと、万が一発行できなかったとしてもCLUB-Aのまま修行できるからです。

JGC修行はプラチナを持つことが最適であることは以下で説明しています。

関連記事

こんにちは、2019年JGCプレミアまで修行したKKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。 JGC修行をする人向けのおすすめJALカード、それは 『JCB プラチナ』です。 修行のやり方によっ[…]

 

話を戻します。
まずカードブランドが異なるため、年会費の返金はありません。

そして私は当時複数持てると思っていたので普通にプラチナのカードを申し込みました。そして適当なところで電話してCLUB-Aを解約しようと思っていたのですが…数日後JALカードから電話が来て「CLUB ESTは重複できません」との連絡が

そうなのです。CLUB ESTは重複して持つことができません

電話口で手続きを進めるにはこう言われました。

今持っているCLUB-AのCLUB ESTだけ退会し 「CLUB-A」と「CLUB EST プラチナ」の2枚持ちになる

しかしこれだと年会費は

・CLUB-A 10,000円+税
・プラチナ  30,000円+税
・(プラチナ)CLUB EST 2,000円+税 

と無駄にかさばるだけでほぼ意味ないです。CLUB-Aの次の年会費支払いまで結構期間はあったものの面倒なので電話口でプラチナの発行ができたらCLUB-Aの退会処理をお願いしました。

手続き書類を送付するので早急に送り返して欲しいとのことで、以下の書類が届きました。

JALカード退会届(別カード発行条件付き)

別ブランドなので一度退会し再入会するという扱いになるわけですね。本来は電話して取り寄せるとこの書類が届くのでしょう。丁寧に蛍光ペンが引かれた状態で送られてきたのは助かります。

この書類を送り返してからプラチナの発行手続きが行われ、無事プラチナの発行後に旧カードのCLUB-A(MasterCard)は退会となりました。

 

CLUB ESTの入会特典は2重にもらえた

入会時の5000eJALポイントと5枚のラウンジクーポンはCLUB-Aの分とプラチナの分で年内に2回貰ったことになります。

年会費を払っているので当然といえば当然ですが、もし本当にラウンジクーポンが足りないという人はやってみてください。

 

CLUB-A以上の所持特典のJALカレンダーが2つ届いた

CLUB-Aカード以上を持っていると年末ごろにJALカードからカレンダーがもらえます。デザインの種類や不要な場合はeJALポイントか選ぶことができます。

ですが退会処理のタイミングの関係かカレンダーが2冊届いてしまいました…eJALポイントにしておけばと少し後悔しています。

 

まとめ

JALカードの切替についてまとめると

・同ブランドでのアップグレードはMyJALCARDで年会費調整あり
・同ブランドでのダウングレードはMyJALCARDで資料請求、年会費返金はなし
・別ブランドは電話して資料請求し手続きか複数持ち扱い、年会費返金はなし

 

それでは、次の現場でお会いしましょう。

 

スポンサーリンク