最低限これだけ抑えておけ「Go Toトラベルキャンペーン」とは

こんにちは、KKTR(かくてる)です。

2020年7月22日から『Go Toトラベルキャンペーン』が始まりましたね。

 

割引されるとは聞いたけどどうやってやるの?もう予約済みを持ってるけど割引されるの?など

イマイチどうすればいいかわからないなあという人も多いかと思います。

 

結論から言うと「観光庁のページを見ろ」です。
そして書いてない細かいことはおそらく「まだ決まっていない」です。

Go To トラベル事業関連情報 | 観光庁
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page01_000637.html

 

Aさん
いやでも正直わかりにくいよ!

 

という人向けに「GoToトラベルキャンペーン」についてどんなものか、最低限抑えておきたいことをまとめました

1泊上限2万円まで。連泊も可何度でも利用可能
・代金が割引になるのは35%
・事後還付には参加条件を満たす旅行業者かつ宿泊施設を利用していることが条件(申請手続きが面倒)
・各種OTAサイトですでに割引された状態で販売中(申請なしで楽!おすすめ!)

これだけ知ってればとりあえずOKです。あとはOTAサイトで手を動かして探しましょう。

それぞれ詳しく見ていきます。

 

2020年8月時点の情報ですので最新の情報は観光庁のページをよく見るようにしてください。
申請方法や適用条件は変わる可能性があります。

 

 

そもそも「GoToキャンペーン」とは

「Go Toトラベルキャンペーン」は新型コロナウイルス感染症の影響を受けた地域における需要喚起と地域の再活性化を目指す「GoToキャンペーン事業」の一種です。

以下の4つのキャンペーン実施が予定されています。

Go Toトラベル
Go To Eat
Go To Event
Go To 商店街

 

このGoToキャンペーンに1兆6,794億円の莫大な予算を組んでいることが国土交通省の資料からわかります。

令和2年度国土交通省関係補正予算の概要
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001339698.pdf

それだけ危機的な状況であり、このキャンペーンで経済活動の回復を狙っているわけです。

 

そのうちの「GoToトラベルキャンペーン」が7月22日から始まったわけですが後ろ倒しになったと思ったら前倒しになったり、急に東京都民は除外されたりと、消費者も事業側もよくわからないまま始まりました。

 

 

Go Toトラベルキャンペーンで抑えておきたい点

最低限抑えておきたい点は以下の通り

1泊上限2万円まで。
 連泊も可何度でも利用可能
・代金が割引になるのは35%
・事後還付には参加条件を満たす旅行業者かつ宿泊施設を利用していることが条件(手続きが面倒)
・各種OTAサイトですでに割引された状態で販売中(おすすめ!)

一つずつみていきましょう。

上限は1泊2万円だが、連泊制限や利用回数の制限はなし

国内旅行の50%相当を支援します。

1泊につき2万円までなので1泊につき4万円利用時が最大還元となりますね

さらに

何泊してもOKです。2泊なら4万円、3泊なら6万円の支援が最大で受けられるんです。

 

しかも利用回数の制限はなし

何回キャンペーンを使ってもいいんです。

もうこの時点でこのキャンペーンの本気度が伺えます。

 

旅行代金が割引になるのは35%

 

ただ勘違いしないでほしいのは、50%の支援のうち

旅行代金が割引になる分は70%(旅行代金全体でいえば35%)であることです。

残りの30%(旅行代金全体の15%)は「地域共通クーポン」として配布されます。

地域共通クーポンの実施は9月1日以降に発表予定
→実施前の旅行はクーポン分の15%は補助されない

具体的に詳しい例が観光庁の資料にあるので引用します。20,000円の旅行代金なら7,000円引きになるので13,000円で済むわけですね。

 

とにかく、GoToトラベルキャンペーンでは

旅行代金から35%割引

ということだけは抑えておきましょう。

 

事後還付をするにはGoToトラベル事業の参加条件を満たしている旅行業者、宿泊施設を利用していることが条件

こちらはキャンペーンの始まる前からもうすでに予約していたよって人向けです。(2020年8月以降今から予約するよって人はあまり関係ないので次に進んでください)

キャンペーンの前から予約済みの旅行も、7月22日以降の旅行であれば対象となります。この場合は「事後申請」することで代金の35%分が振り込まれて返ってきます。

 

ただ、以下の条件があります。

  1. その旅行商品が Go To トラベル事業の支援対象であること
  2. その旅行商品を販売する旅行業者(宿泊商品であれば宿泊事業者)が今後本事業の参加事業者登録を受けること

 

特にこの②は、”今後”参加事業者登録を受けること とあるのでホテル側が登録しなかったり、できなかったりすると

 

こないだ泊まったホテル実は対象外でした~w

 

ってなり書類がいくら揃ってても事後申請できないことになります。

 

というかこんな後出しでええんか?と思いますが、こんなグダグダな感じでGoToトラベルキャンペーンは始まりました。

 

事後申請は8月14日以降から行う

事後申請しなければならない人は、キャンペーン前に予約済みであり、

・宿泊施設へ直接予約手続きを行った場合
・予約サイト等で予約手続きを行い、宿泊施設で支払いをした場合
のいずれかの場合は自分で必要書類を用意して事後申請しなければなりません。
1.事後還付申請書(様式第1号)
2.支払内訳がわかる書類(支払内訳が記載された領収書、支払内訳書等)
3.宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数などの情報が記載されているもの)
4.口座確認書(旅行者用)(様式第2号)
5.口座番号を確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)
6.住所が確認できる書類(免許証の写し、健康保険証の写し等)
7.前項目に掲げる書類のほか申請に係る旅行の事実を確認するために必要な書類として事務局が指定するもの
注意するところは、2と3は宿泊施設に発行を依頼してもらわなければならないこと。
3の「宿泊証明書」は領収書ではダメです。必ず領収書とは別で「利用者がその宿泊施設に宿泊したことを証明する書類」を宿泊施設からもらうようにしましょう。
 
事後申請について詳しくは以下を御覧ください。
Go To トラベル事業 事後還付手続きのご案内(PDF)
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001357473.pdf

 

 

各種OTAサイトであらかじめ割引された値段で売り出しています

これから予約しようかなっていう人におすすめの方法がこちらです。

もうすでに各種OTAサイトから割引価格で売り出されています。

 

その前にまず「OTA」とは何でしょうか

Online Travel Agentの略称。オンライン上だけで取引を行う旅行会社のことを指し、宿泊施設、航空券の予約、宿泊と航空券をセットで販売するダイナミックパッケージ販売などを行う業者のことです。

例えば「楽天トラベル」や「じゃらん」「一休.com」などといったのをいいます。

 

7月下旬の急遽始まったばかりの状態ではどこもまだ準備ができていなかったのですが、8月上旬になるとどこのサイトもちゃんとした特設サイトが出来上がっています。

ですので各種OTAサイトから予約するのが楽でかつ安いです。

あとから書類用意するのは面倒ですから最初から割引されてたほうが楽ですよね。

 

各種OTAサイトでGoToトラベルの予約ページ

まずは以下に主なOTAサイトの特設ページのリンクを貼っておきますのでそこを参照にしてください。

どこも癖だったりポイント還元の種類が違ったりするので、使いやすいところや比較して安いところで予約しましょう(キャンセルポリシーには注意)

 

 

GoToトラベルキャンペーン予約はまず会員登録そしてクーポンの取得から

どこのサイトも詳しく説明しているので各種サイトを見てもらえば良いのですが、たいていのOTAサイトでキャンペーン適用して予約するには

  1. 会員登録
  2. 電子クーポンの取得

 

『ヤフートラベル』や『楽天トラベル』『じゃらん』などはこんな感じです。

『楽天トラベル』を例に出すと特設ページから「GoToトラベルクーポン」を手に入れる必要があります。

予約するしないはまず置いといて、まずは会員登録、そしてクーポンを手に入れましょう。

手に入れたら対象のホテルやツアーパッケージを予約して

最後の支払いの画面にクーポンを選択できる画面があるのでGoToトラベルキャンペーンのクーポンをセットすると自動的に割引された価格になります。

 

この状態で予約してしまえばすでに引かれてるので事後申請の手間もかからず楽です。

「ホテルのみ」、や「ホテルと航空券のパッケージ」なら『楽天トラベル』『ヤフートラベル』が人気です。とりあえずこの2つを見てみるのが良いでしょう。

今回は楽天トラベルを例に出しましたが他のOTAサイトもだいたいこのような感じでGoToトラベルキャンペーンの適用価格になります。

 

『一休.com』 は自動的にクーポン取得でさらに合計40%割引も

もうひとつ「ホテルのみ」のプランなら『一休.com』も見てみましょう。

 

ある程度高級ホテルが多いので極限に安くを目指すというよりは、普段じゃ泊まれない高額なホテルにお得に泊まろうという人向けです。

一休の良い点は

・GoToの35%に加え、一休ポイントを5%還元で計40%割引にもなる
・一休ポイントは即時利用可能

これにより40%割引で予約できてしまいます。

 

一休のサイトの例を見てみるとわかりますが、即時4割引になっています。爆アド

割引クーポンの使い方https://www.ikyu.com/help/howto/waribiki_coupon.aspx

 

『じゃらん』はクーポンの重複が可能

もうひとつ「ホテルのみ」のプランで大きなアドバンテージを取れそうなのが『じゃらん』です。

なんとGotoトラベルとは別の割引クーポンが適用されるのであれば併用可能なんです。

https://www.jalan.net/go-to-travel/

これは「楽天トラベル」などでは不可能なので、じゃらんクーポンを手に入れることができたらかなり安くできる可能性もあります。

ただ、数に制限があったり(しかも少ない)と早いうちからクーポン配布終了となることも多いのが難点です。

 

どこのサイトでもキャンセルポリシーとキャンペーンが適用されるかは必ず確認

急に行けなくなる可能性もあるし、ギリギリでキャンセルの判断をすることに備えて

きちんとキャンセルがいつまで無料なのか必ず確認してから予約しましょう。

中には予約した時点でキャンセル料が発生するのもありますから必ず確認しましょうね。

 

各種自治体が用意した割引やクーポンと併用できるかは自治体による

Q&AにはGoToトラベルキャンペーン側では制御できないから自治体がいいって言ってるなら良いよとあります。

Q40 各地方公共団体などが実施している旅行代金割引などと併用することは可能でしょうか。

A 現在各地方公共団体などで独自に展開されているキャンペーン(観光需要喚起策)は、基本的には Go To トラベル事業が開始されるまでの間の支援策という位置づけであると認識しています。しかしながら、事業実施期間が重なる場合であっても、国としてはこれを妨げるものではありません(併用を認めるか、認めないかは各地方公共団体の判断となります。)。

 

地方自治体のキャンペーンとGoToトラベルを組み合わせた爆アド案件はめちゃくちゃ転がってます!

 

さぁ!サッポロ夏割 & 泊まってスマイルクーポン

7月下旬から最もアツいのが札幌ですね。この札幌夏割の利点は何と言っても道民以外でも対象(誰でもOK)という点です。

この夏割で宿泊費が割引されたうえに、スマイルクーポンで1泊3000円分貰えるわけです。これにGoToトラベルと併用すると結果黒字になることもあり破壊力抜群のキャンペーンです。

しかしクーポンも広範囲で利用できるのと有名になりすぎたのもあり、スマイルクーポンは先着順なので2020年8月現在、すでに配布終了のホテルもでてきています。ただ夏割はまだまだ活用できそうですね。

さぁ!SAPPORO(サッポロ)夏割&泊まってスマイルクーポン
https://www.sapporo-summer2020.com/
 

今こそ滋賀を旅しよう!

こちらも県外の方でも利用可能なキャンペーンです。

滋賀県内の対象施設に宿泊すると

1人1泊あたり5,000円分のクーポン付オリジナルガイドブック

が貰えます。さらに同一施設で連泊すると土産品購入に使えるシリアルナンバー(5,000円分)も追加でもらえるため2泊だと合計15,000円分が貰えることになります!

 

注意点としては、予約時にクーポン付ガイドブックプランを選ぶ必要があることです。詳しくは以下より

宿泊キャンペーン「今こそ滋賀を旅しよう!」|滋賀県ホームページ
https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/kanko/313451.html
 

そのほか地域在住限定キャンペーン

ご存知の方も多いと思いますが、その県もしくは近隣の県民限定で多くの自治体はキャンペーンを行っています。

例えば関西限定の

「大阪の人・関西の人いらっしゃい!」キャンペーン
https://osakairasshai.weare.osaka-info.jp/

堂々とGoTo併用可能って言ってる点はわかりやすくて良いですね…

 

 

こちらは7月末で終了しましたが九州在住者限定の「福岡の魅力再発見」

「福岡の魅力再発見」キャンペーン 公式サイト
https://rediscover-fukuoka.jp/

このように皆さんのお住まいの地域にもこのようなキャンペーンをやっているかもしれないのでぜひ探してみてはと思います。今は見当たらないという方も今後美味しいキャンペーンが出てくるかもしれないので、各自治体のキャンペーンに注目です!

 

 

まとめ

『GoToトラベルキャンペーン』はOTAサイトで35%割引されてるのを予約しよう
キャンセルポリシーは必ず確認
地方自治体独自の爆アドキャンペーンも今後行われるかもしれない
あとは手を動かして自分に合ったプランを探し回ろう

ぜひ、GoToトラベルキャンペーンを活用できる方はうまく活用していきましょう。

 

もちろん国土交通省と観光庁が出している「新しい旅のエチケット」は守りましょうね。

 

また、様々な理由でリスクを取ることができないという人、予約をしたけどリスクが大きいと感じ直前でキャンセルしたという人もいるかもしれません。

8月や9月は厳しいかもという人もGoToキャンペーンは(予算が尽きなければ)まだまだ続きますので今後の動きを見て各自判断していきましょう。

(もちろん、東京都のような対象外地域が今後増えるかもしれませんしキャンペーンそのものが中止になる可能性もあります)

 

新しい旅の中からこれまでと違った楽しさを見つけることができればより充実した旅になるのではないでしょうか。

 

 

 
KKTR(かくてる)
それでは、次の現場でお会いしましょう。

 

航空会社マイレージを駆使して遠征しまくろう

地方に住んでるけど、現場はいつも関東…
関東に住んでるけど地方ライブまでは…

 

大きな負担になる交通費、マイルで解決します!

私は福岡に住んでいますが、マイルで何度も関東遠征を繰り返してます!

 

関連記事

こんにちは、KKTR(かくてる)です。私は現在 福岡 に住んでいるいわゆる「オタク」です。特にアニメ、声優系のライブやコンサートなどのイベントに足を運ぶことが多いです。しかし皆様もご存知の通り、そのようなイベントの多くは関東地方[…]

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

KKTR(かくてる)
@kkt_witte_r | Twitter

スポンサーリンク