全席個人モニター完備!JALの最新機材エアバスA350に搭乗してきました!

JAL

KKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。 
2019年9月1日からJAL国内線に導入された新機材『エアバスA350』に早速搭乗してまいりました。

今回はその搭乗記と、
どうやったら乗れるのか?新機材の予約方法まで解説します。

全席個人モニター完備で新しくなったシート、騒音も軽減されたA350は
 
 はっきり言ってめちゃくちゃおすすめです。
 
今回は「普通席」に乗りました。
 
f:id:kktrparty:20190907100015j:plain:w800

エアバスA350とは?

新しく導入されるエアバスA350について軽く触れておくと

これまでJAL国内線は「ボーイング」社の飛行機を愛用していました。

しかしもう20年以上も使っているため、老朽化にともないその代替機として決まったのが「エアバス」社の「A350」というわけです。
その特徴はJALの特設サイトに書いてありますが、簡単にまとめると

静かで快適、燃費も良くて、人もたくさん入る

というところではないでしょうか。

AIRBUS A350 – JAL国内線

 

JALのA350初号機「JAL RED」へ

それでは乗り込みます!
福岡発東京羽田行きのJL332に乗りました。
 
コックピットがかもめ(まゆげ?)みたいになってて、翼の先がくるッとなってるのが特徴です。
 f:id:kktrparty:20190908012125j:plain
 
ちなみにこのとき福岡の「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」に居たのですが
ラウンジ内でも新機材の到着がアナウンスされ大撮影会になっていましたw

今回搭乗したのはA350の初号機「JAL RED」です。

f:id:kktrparty:20190908183321p:plain
初号機の特別塗装

来月中旬から2号機と3号機が運行開始になります。
 

A350普通席

f:id:kktrparty:20190907100120j:plain
 
凄くないですか??!?!?!??!

これ国内線ですよ??すべての座席に個人モニターが実装されています。
 
 f:id:kktrparty:20190907100108j:plain
 
今回は窓際の38Aを指定
 f:id:kktrparty:20190907100447j:plain
画面の大きさは10インチです。
 
前方下に小物入れのネットポケットが2つあります。

f:id:kktrparty:20190907100157j:plain:w600
小物入れネットポケット
スマホやPCの充電に使えるコンセントは様々な国のコンセントに対応したもの。
f:id:kktrparty:20190907100528j:plain
充電用コンセント

コンセントの下にあるのがカップホルダーでデスクを出さずとも飲み物を置くことができます。
f:id:kktrparty:20190907100539j:plain
カップホルダー

USB充電はモニターの下のあたりにあります

f:id:kktrparty:20190907100426j:plain
充電用USBポート

デスクは2つ折りにできます。
f:id:kktrparty:20190907100655j:plain
普通席デスク1

すべて開くとこんな感じ

f:id:kktrparty:20190907100716j:plain
普通席デスク2

シートを見てみましょう。シート幅は約44cmです。

f:id:kktrparty:20190908113449j:plain
A350普通席

普通席のシートもリニューアルし黒と灰色を基調としたシンプルな感じです。

ヘッドレストにもロゴの鶴丸のマークがあり、このヘッドレストは上下に動かして調整できます。

f:id:kktrparty:20190908023248j:plain
ヘッドレスト上下

また、このヘッドレストはこのように両端を動かすことができ、頭を固定させることができます。

うたた寝して知らない隣の人に頭をぶつける心配もありませんw

 

個人モニターは映画も見れる

f:id:kktrparty:20190907100600j:plain
 
機内エンタメといえば「映画」ですよね。
今回乗ったときは『アラジン』と『X-MEN: ダーク・フェニックス』の2つだけでしたが今後ラインナップに注目です。
 
 

途中で映画を閉じても同じところから再開できる機能もある

  
羽田ー福岡は1時間半程度だし、国内線じゃ映画見ても全部見れないのでは?

と思いますよね。それも心配ありません
途中で映画を閉じるとこんな数字がでてきます。

f:id:kktrparty:20190908114658j:plain:w600
レジュームコード

このレジュームコードをメモしておき、次見るときにコードを入力することで
 
停止した場所から続きを見ることができるのです!!
 

そのほかの機内コンテンツ

 
個人モニターの機内コンテンツは以下の通り

・映画
・電子書籍
・TV番組・動画
・ライブTV
・オーディオ
・文字ニュース
・機外カメラ
・フライトマップ

 
特に機体のカメラは面白いです。機体の下と垂直尾翼とで2つカメラがあります。
機体下カメラはタイヤが見えたり、空から町並みが見えます。

f:id:kktrparty:20190908160925j:plain
機体下カメラ
f:id:kktrparty:20190907100631j:plain
垂直尾翼カメラ

 
これ見るだけでめちゃくちゃ楽しいです。
 
また機内誌の『SKYWARD』は電子書籍として見ることができました。

f:id:kktrparty:20190908120108j:plain
電子書籍の機内誌「SKYWARD」

 
その代わり座席には紙のSKYWARDは置いてありませんでしたが、CAさんに言えば持ってきてくれるそうです。
 

無料の機内Wi-Fiももちろん完備

これまで実装されていた無料の機内Wi-FiももちろんA350にあります。
 
ただシステムが変わっており「Panasonic Avionics」になり、SSIDも「JapanAirlines」に変わっていました。
 
わかりやすいと言えばわかりやすいですがこれまで乗ってた人はちょっと戸惑うかもしれません。
 
ただ運行開始直後だったためかうまく接続できず何度か繰り返してようやく接続できました。この点は今後の対応に期待です。

 

JALの新機材の予約方法

ここまでエアバスA350について紹介してきましたが、これはほんの一部に過ぎません。
ぜひ自分の目で新機材を楽しんでもらいたいです。

というわけで予約時の新機材の見分け方を説明します。結構わかりやすいです。
 

運行スケジュール

まずA350が起用されている路線ですね。

2019年9月1日から「福岡ー羽田」間を3往復しています。
そして10月12日からは7往復にまで増えます。

2019年10月27日からは「羽田ー新千歳」間での運行開始
2020年2月1日からは「羽田ー那覇」間での運行開始が予定されています。
 

便名の隣の数字とアイコンを見ればすぐにわかる

 
JAL公式HPからの予約画面を見てみましょう。
 

f:id:kktrparty:20190908163242p:plain
予約画面

 
便名の横に数字がありますよね、ここに「359」とあるのがJALの新機材エアバスA350になります。この画面だとJAL902便ですね。
 
またその横にも電気のアイコンやモニターのアイコンがあると思います。
これはそれぞれ、充電ができることと個人用モニターで機内コンテンツを楽しめることを意味していますのでこのアイコンを見てもわかると思います。

上の画面の通りもうすでに新千歳や那覇のA350便は予約可能となっています!ぜひ狙ってみてくださいね。

9月10日からはJALの予約ルールが大幅に変わります。「330日後」とかなり先の予約も可能となりますので要チェックです!

関連記事

こんにちは、2019年JGC修行を解脱しさらにはJGCプレミアまで到達したKKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。今回は来年の2020年に向けて修行を考えている方や秋冬の国内旅行を考えている人向けの記事です。先[…]

 

まとめ

何より新しいので綺麗で、普通席でも座席がこれまでより広く感じました。機内で映画を見れるのも良し、機内が静かなのでガッツリ寝るのも良しです!

そういえば以前キャセイパシフィックのエアバスA350に乗ったことを思い出しました。しかも片道は寝心地しかわからなかったという始末…(それほど静かで快適とも思えますね)

関連記事

こんにちは、KKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。前回の記事では、旅程は進んでおりませんが重要なので別切り航空券の注意点を書きました。[sitecard subtitle=前の記事 url=https://w[…]

JGC修行2019#4-6
関連記事

JGC修行中のKKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。前回は桃園空港で野宿してたら危うく乗り遅れそうになった話でした。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.kktr[…]

ぜひ機会があれば搭乗を狙ってみてはいかがでしょうか。
今回は普通席だけでしたが近いうちにファーストクラスやクラスJにも乗る予定です。

それでは、次の現場でお会いしましょう。

スポンサーリンク