ブリティッシュエアウェイズ(BA)のAviosで発券した特典航空券をバウチャーにせずAvios払戻しでキャンセルした方法

こんにちは、KKTR(かくてる)です。

BritishAirways(BA)から発券した特典航空券をキャンセルしAviosを払戻しした方法についです。

まず日々状況は変わっていくので公式サイトに目を通しておきましょう。

新型コロナ(COVID-19)に関するBAの最新情報を公式サイトから必ず確認してください。
https://www.britishairways.com/ja-jp/information/incident/coronavirus/latest-information

 

それでは結論です。

バウチャー申請はせずに
コールセンターに電話する

これでOKです。

 

本来、BA発券したJAL便の特典航空券のキャンセルは

インターネット上の手続きですべて完了する
Aviosはすべて即払戻しされる
取消手数料は空港利用料のみ(発券から24時間以内なら無料)

とかなり良心的で、JALの国内線を発券できることからよく利用していました。(この超お得なBAからのJAL発券についてはまた別の記事で紹介します)

しかし、新型コロナ(COVID-19)の影響もあり2020年4月現在これまで通りにキャンセルしようとするとすべて以下のようなバウチャー申請画面になってしまいます。

BAバウチャー申請画面https://www.britishairways.com/travel/webforms/public/ja_jp?eId=120001&wfpId=covidn

 

ここからバウチャー申請してしまうと

支払ったAviosと諸税は返金されず
同額のバウチャーが発行されます。

 

 

なのでバウチャーではなく、通常通りにAviosの払戻しをしてもらうには

バウチャー申請はせず、コールセンターに電話しましょう

 

今回は

・バウチャーにしていない特典航空券をキャンセルしてAviosをすべて払戻し
バウチャーにしてしまったけどバウチャーを無効にしてもらいAviosをすべて払戻しした

ことを以下から解説します。

 

BA発券した特典航空券をAvios払戻しでキャンセルする

日本のコールセンターは以下から確認してください。平日でかつ時間が決まっているので注意してください。

Executive Club – Contact Executive Club – British Airways
https://www.britishairways.com/travel/contact-executive-club/public/ja_jp/About_Country=JP

 

イギリスの航空会社ですが日本語対応のデスクがあるのは助かりますね。

 

電話する前に用意しておくもの

・キャンセルしたい航空券の予約番号(英数字6文字)
・BAの会員番号(数字8桁)

用意できたら時間内に電話しましょう。オペレーターに繋がる前に私は10分~15分ほど待たされたので、別の時間にかけ直すかそれなりに待つ覚悟をしておきましょう。

かけると最初は英語でビビるかもしれませんが少し待つと「日本語の方は~」とアナウンスが流れるので落ち着いてプッシュしましょう。

 

オペレーターに繋がったら特典航空券のキャンセルを要求し、予約番号を伝えれば
通常のキャンセル手続きと同様に Aviosは即払戻し、取消手数料は諸税のみで済みます。

 

諸税は指定の期間内であれば返金される

また、指定の期間内の航空券であれば特別処置として諸税も含め全額返金されます。

私が当時キャンセルした2020年5月のものは返金対象となっていたので、後日支払いしたクレジットカードに返金されることになりました。

 

ただ、2020年7月出発の航空券も同様にキャンセルしAvios払戻しできたのですが電話した時点では対象ではなかったので空港利用料などの諸税は返ってきませんでした。

 

 

バウチャーを発行してしまったがAviosを払い戻しでキャンセルしたい

もうバウチャー申請してしまった!って人も方法は同じです。
ちなみに発行されたバウチャーを利用する場合も結局電話するハメになるので、はじめからバウチャーにしないほうがいいです。

 

同様にコールセンターに電話して
申請したバウチャーを無効化し、Aviosの払戻しを要求しましょう。

用意しておくものは同じです。私が問い合わせたときは使いませんでしたが、念の為バウチャーコードもすぐ確認できると安心でしょう。

・キャンセルしたい航空券の予約番号(英数字6文字)
・BAの会員番号(数字8桁)
発行されたバウチャーコード(可能であれば)
 

バウチャーを無効にしAviosは払戻しできるが、諸税は返金されません

先ほど「指定期間内であれば諸税も含め全額返金される」といいましたが

バウチャーにしてしまうと指定期間内であっても諸税は返金されません

私がキャンセル申請したもうひとつの2020年5月の航空券はバウチャー申請してしまったので返金されませんでした…

 

とは言っても日本国内線なら空港利用料で済むのでAviosが全額戻ってくるなら充分です。

 

空港利用料とは?という人はこちらも参照

関連記事

空港税ってご存知でしょうか?正確には『旅客サービス施設使用料』とか『旅客取扱施設利用料』とかいいます。空港によって少し名前が違いますが大体の意味は同じなのでここではわかりやすく空港税といいます。 その空港税についてまずは結論[…]

福岡ー羽田の便なら110円+290円=400円が空港利用料となるのでこれが取消手数料になります。
これだけで取消できるのなら充分すぎますよね。

 

まとめ

avios払戻し反映

電話が終わってから数分でAviosはすべて払い戻されていました。
前例のない事態の最中であるものの真摯に対応していただきありがとうございました。

 

私が問い合わせした当時のものですので対応がケースバイケースとなる可能性があります。
あくまでご参考にお願いします。

 

それでは、次の現場でお会いしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク