【JGC修行2021#2】JALタイムセールはJGC修行でも助かる!サブテーマは未訪問空港へ修行フライト

こんにちは、KKTR(かくてる)です。

JGC修行を2021年もします!とか言ってまだパート1しか書かずに結構時間が経ってしまいましたが、まだ解脱とはなっていないものの現状は無事順調に進んでおります。

せっかく書き始めたのでよければ最後までお付き合いいただければなと思います。

前回記事

JGCプレミア維持のため2021年はまたJGC修行をします! え?いやお前ちょっと昔に修行してたやんという方、いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。私は2019年にJGC修行をしJGC入会を済ませており、さらに[…]

 

 

JGC修行とは?またはこれから修行を考えているという人は以下の記事も参考にしてください
関連記事

最近テレビ番組でも取り上げるようにもなった、日本航空(JAL)の上級会員を目指す「JGC修行」とはなんでしょうか。2019年にJGC修行をした私、「KKTR(かくてる)」がこれからJGC修行をする人向けに「JGC修行とは何か?」とい[…]

 

 

今回のJGC修行のサブテーマは「未訪問の空港へ行く」

前回の記事でも書きましたが、今回のJGCプレミア修行ではもう一つのテーマとして「未訪問の空港へ行く」と決めていました。前回のような羽田那覇を単純に往復し続けるのが最も修行効率が良いことに変わりはないものの、せっかくまた修行するのならこれまでとは違うルートや空港を使ってJGCプレミアを目指そうではないかというわけで未訪問空港にできるだけ行きたいというのを今回の修行では特に意識して進めて行こうと思っています。

しかし、いろんな空港へ行ってみたいと考えるも、FOP単価や獲得FOPを考えるとどうしても距離のわりに値段が張ってしまうのが悩みどころでやっぱり那覇路線が王道と呼ばれるだけあるなあと感じます。

 

タイミングよく開催されたJALタイムセール先得が最高すぎた

ルートをいろいろ検討していた頃に急にやってきたのが「JALタイムセール先得」ですね。

例えば「羽田ー伊丹」が5,500円、修行の王道「羽田ー那覇」が7,510円などなど指定された便が期間中には大幅に安売りされ祭りになりました。タイムセール先得で大幅に安くなっていてもFOPの積算率は通常の先得と同じためJGC修行僧にとっても大きなイベントになったかと思います。

修行僧向けの路線で例をあげるとするなら新千歳ー福岡の1日で往復できるプランですね。JGC修行として那覇の次に有名な新千歳と福岡の往復はタイムセール先得の対象便になっていました。空港税も加算すると片道7,380円となりFOP単価は約5.57円となります。この効率で2648FOPを1日で稼げるのは非常に優秀です。

 

 

なお執筆現在は2021年7月~8月の便を対象とした2度目のタイムセールが行われています。前回で味をしめたのかわかりませんが、もしかしたらこの調子で秋冬にかけてまた行われるかもしれません。

関連記事

こんにちは、KKTR(かくてる)です。またまた急にやってきました。今年で3回目のJALの期間限定国内線タイムセールです。JGC修行僧でもそうでなくてもこれからの飛行機旅行におすすめなので予定している人はチェックしましょう。今回の搭乗[…]

 

最初の目的地は岡山へ

セール運賃をさらっと見てJTAの那覇ー岡山の便は今後乗らないだろうなと思っただけで、岡山を選んだ理由は特にこれといった理由はありません。そこまでの接続がなかなか苦労しました。都内に行く用事があるので羽田へ飛んでますがFOPの割に多少値が張るのは仕方ないのかなと思います。

 

那覇空港へ

というわけでおなじみの那覇空港へ。今回は保安検査場後のエリアから出ずに次の目的地へ向かいます。

 

那覇空港サクララウンジANEXは非常におすすめ。JGCでも入れる

実は初来訪だったのが那覇空港のもうひとつのサクララウンジです。

那覇空港(空港情報) – JAL国内線

場所は保安検査場を抜けて飛行機に乗るためにバスに乗って向かう28番搭乗口の前にあります。エスカレーターを降りる必要があるのと、本当にここラウンジなのかな?と躊躇してしまうほどの厚い扉があるためあまり知られていないのかほとんど人はいないようで非常に快適です。

那覇のDPラウンジは時間帯によっては結構混雑したりするので非常にありがたく、こちらは「サクララウンジ」のためJGC会員でも入れるためというのもおすすめポイントです。

ちなみに私が訪問したときは入ってから出るまで誰一人来ることはありませんでした。

サクララウンジに常備されているソフトドリンクやコーヒー、オリオンビールとちょっとしたお菓子もあり充分でした。なお、ソフトドリンクの一番人気はファンタシークヮーサーのようです。

 

岡山桃太郎空港

今回の初来訪空港は岡山桃太郎空港です。岡山駅までバスで約30分移動する必要があるのが一番のネックでなかなか使いづらいのかなとは思います。 

こんなご時世ではありますが那覇路線を動かしてくれているだけありがたいなと感じます。

カードラウンジ「ラウンジマスカット」

搭乗前に時間があったのでラウンジも覗いてみることにまずはカードラウンジの「ラウンジマスカット」

飛行機が見える点が非常に高評価です。その名の通りぶどうジュースも飲めます

 

岡山空港「サクララウンジ」

こちらは2019年に新設したJALのサクララウンジです。

小規模な地方空港といえどJALもANAもきちんと上級会員向けのラウンジを用意していたりと、きちんと整備されているのは良かったです。数年前まではこれから利用数も増えると見越していたのかもしれません。

都内から来る人を考えれば空港間への移動を考えると岡山へ所要時間は新幹線と飛行機、どっちもどっちともいえる微妙なところですが若干飛行機のほうが速いです。(移動時間だけなら新幹線3時間20分、飛行機1時間15分)

 

 

機材変更で国際線機材に遭遇、いわゆる残念ビジネスだけど全然快適!

幸運にも?機材変更となり国際線機材がやってきました。

クラスJは国際線機材だとビジネスクラスの座席になるため国内線に乗りながら国際線のしかもビジネスを+1,000円で乗れることになるので少し珍しい体験になるのではないでしょうか。(座席のみ座れるだけで機内食などの本来の国際線ビジネスクラスのサービスが受けられるというわけではありません)

ここ最近は国際線機材を国内に回していることも多く、見かける機会も多いですがまだ私自身今年はクラスJでビジネス席に座ることに立ち会えてなかったので良かったです。

 

実際に乗ったのはこちら
JAL SKYLUXE SEAT(シート) – JAL国際線

モニターとかも年季を感じさせる、いわゆる残念ビジネスと言われるものですがそもそも人が周りにいなかったのもあり非常に快適でした。

 

株主割引券の消化にFで福岡へ戻る

帰りは安く仕入れた株主割引券でファーストクラス!岡山行きから無理やり羽田タッチを組み込んだためまあまあ値が張るフライトとなりましたが、FOPがそれなりに稼げたのでよしとしましょう。

 

まとめ

普通に考えると未訪問空港を踏むだけの効率を求めるなら回数修行が良いんですけどね…

FOP修行ではじめてしまった以上突き通すしかないです。しかしタイムセール先得が良いタイミングでやってきたのは幸運でした。JGC修行はこういっためぐり合わせで想定以上にうまくいことが多々あるのでこれから考えている人はそういったチャンスを見逃さないようにしましょうね。

 

出来る限り当ブログでもそういった修行僧向けのキャンペーンなどは取り上げていこうかと思っていますので今後ともチェックしていただければ幸いです。

 

 
KKTR
(かくてる)
それでは、次の現場でお会いしましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

KKTR(かくてる)
@kkt_witte_r | Twitter

 

スポンサーリンク