JGC修行は無駄なのか?私が修行して得た航空会社ステイタスの本当の価値

こんにちは、KKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。

私は2019年「JGCプレミア」まで修行し無事解脱いたしました。ステイタスを得ると座席指定の範囲が広がったり、飛行機に優先搭乗できたり、預けた荷物は最初に出てくるし、ラウンジは使えてタダでビール飲めるし

飛行機に乗る前から降りるまでとにかく優遇されるんです。

でも本当にステイタスって必要なのでしょうか?

お仕事で何度も乗ることが多い人はまだしも、すべて実費だと「サファイア」到達に30万~50万はかかるのが相場です。

そして飛行機に乗るという時間も必要です。お金と時間をかけて修行をする必要が本当にあるのかと悩んでいる人もいるかもしれません。

 

そこで私が本当に修行して良かったことを紹介します。悩んでいる人は以下を見てもっと悩んでくださいね。

本当に得たものは”時間”

f:id:kktrparty:20191231202023j:plain
ある朝の成田空港

こちらを見て欲しいです。朝8時頃の成田空港第2ターミナルの出国の列です。朝からめちゃくちゃ並んでますね…

 

そしてこちらが

「JALファストセキュリティレーン」です。

f:id:kktrparty:20191231202056j:plain
JALファストセキュリティレーン

JAL便名にご搭乗になる以下の人が対象
・ファーストクラス
・JMBダイヤモンド/JGCプレミア/JMBサファイア/JALグローバルクラブ会員
・ワンワールドエメラルド
・同行者(1名まで)

JALのステイタスを持っている人のみが利用できる出国のレーンなのですが、

めちゃくちゃガラガラで秒で通過でき、

さらに次の出国審査もあらかじめ申請が必要な自動化ゲートを利用すると

秒で出国できます。

 

この間初めて使いましたが国内線か????と思うくらいすぐでした。

カウンターでのチェックインに並ぶ時間

出国審査で並ぶ時間

大切な人と楽しく旅行する大切な時間をステイタスは創り出してくれるのではないのでしょうか?

その時間があれば免税店で買い物を楽しむなり、ラウンジでゆったり過ごすなり、複数のラウンジをハシゴしたりできますよね。

これが修行して得たステイタスの本当の価値なのだと私は思います。

 

 

ステイタスが要らない人

私が思う限り飛行機旅行には行くけどステイタスが要らないと思う人は

LCCや、LCC感覚で乗る人

ラウンジはプライオリティパスで良いし、荷物は預けない。別に座席はどこでもいい。

そんな人は確かに要らないと思います。JALやANAを使うにしてもエコノミーでいいし、優先搭乗は別にいつ入っても全員入ってから出発ですから時間は変わりません。そんな感覚だったら別に要らないのかなと思います。

 

修行なしで空港ラウンジに入れるプライオリティパスについてはこちら

関連記事

こんにちは、KKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。旅行に出かけたときこんなことあったりしませんか?乗り継ぎ時間が長いから時間つぶすためにレストランに入ったり、せっかく安い航空券で旅行に来たのにちょっとした食べ[…]

 

ただ、出国レーンは必ず通らなければならないので行列なら並ばなければなりません。

 

ビジネスクラス以上で旅行に行く人

 
そもそも、「サファイア」資格がビジネスクラスと同等です。

ラウンジも入れますし荷物も優先的に出てきます。

あまり飛行機旅行はしないけど行くならビジネスクラスで行くって人はそれでいいですよね。

 

特典航空券でのビジネスクラス旅行はもちろん、日本発の往復ビジネスクラスは中距離くらいだと往復15万~20万が相場なので、わざわざ40,50万かけて修行するより安上がりです。

 

修行という旅行経験こそ一番かもしれません

解脱までの過程は人それぞれですが、修行の経験こそステイタスで得たものかもしれません。
安い航空券を探すスキルや、どこどこ空港には何があるだとか、トラブルに遭ってもどうリカバリーするか

そんな過程を経てステイタスを手にして、

より空港で過ごす”時間”を大切にできたらもっと旅行が楽しくなるはずです。

まとめ

 

結局何が言いたいかというと
君たちが出国ゲートで並んでいる間にぼくはタダで寿司食ってるんですけどねって話でした。

関連記事

こんにちは、2019年「JGCプレミア」まで修行したKKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。今回はついに成田空港でJAL”国際線”ファーストクラスラウンジに行ってまいりました。JALが用意したラウンジの中で[…]

成田空港JALファーストクラスラウンジ

 

2019年ありがとうございました!2020年もよろしくお願いします!

それでは、次の現場でお会いしましょう。

スポンサーリンク