KKTR Party!

JGC修行。マイル、ポイント活動に、アイマスに生きる

【JGC修行#4-10】JALプレエコは想像以上の快適さでした。JL726プレミアムエコノミーとサファイアラウンジ突入リベンジ

KKTR(@kkt_witte_r | Twitter)です。
 前回はキャセイパシフィックのビジネスでジャカルタまで来て、時間があるので観光した記事を書きました。
www.kktrparty.com
 
 今回はようやく帰国します。改めて旅程を確認するとこんな感じ
 

f:id:kktrparty:20190705205041p:plain
インター修行全旅程
 ジャカルタ→成田のJALプレミアムエコノミー搭乗記となります。プレエコ搭乗は今回が初でした。
 
f:id:kktrparty:20190705202557j:plain

ジャカルタ空港のJALカウンターオープンは約3時間前

 
 JL726は19:00より搭乗手続き開始と
 こちらの下のほうにきちんと書いてあります。
www.jal.co.jp
 
 
 搭乗券は台北で貰ったので持っており出国できるはずですし、預ける荷物もないのでチェックインカウンターに寄る必要は無いといえば無いのですがカウンターに行きます。
 
 カウンターに寄る理由は「ラウンジインビテーション」を持っていないからです。(ステイタスや座席クラスに応じて手渡されるラウンジへの招待状みたいな紙です)

 プレミアムエコノミーの指定ラウンジは前回「No PriorityPass」と跳ね返されてしまったあの「サファイアラウンジ」なのです。
 

f:id:kktrparty:20190705095632p:plain
スカルノハッタ指定ラウンジ
 
 対象の航空券を持っているので入れるのかもしれませんが、インビテーションなしで交渉するのと前回跳ね返されたのもあってインビテーションをもらうのが得策だと思いました。
 
 なのでチェックインしようと思いますがチェックインカウンターがありません。
 最初に言った通り約3時間前にしかオープンしないのです。それはそうですが1日2便しかないのにカウンターに人を常駐させるのは無駄ですし合理的です。前の記事でも言いましたが
・現地空港のカウンターのオープンとクローズは確認しておく
 ことは修行にかかわらず普通の海外旅行でも重要な点です。これで乗り遅れそうになった自分の話はこちら
www.kktrparty.com
 
 というわけで19時のカウンターオープンまで空港内を散策します。
 

ターミナル3を散策

 それっぽいオブジェや

f:id:kktrparty:20190705203238j:plain:w600
ジャカルタ・スカルノハッタ空港ターミナル3
 吉野家や丸亀製麺もありました
f:id:kktrparty:20190705203324j:plain:w500
吉野家
f:id:kktrparty:20190705203335j:plain:w500
丸亀製麺
 空港係員がセグウェイを乗りこなしているのが面白いです。たまにスマホいじりながら爆走していますw
f:id:kktrparty:20190705203455j:plain:w500
ジャカルタ・スカルノハッタ空港ターミナル3
 

JALプレミアムエコノミーの指定ラウンジは「サファイアラウンジ」

 
 並んだ列に続々と日本人が集まってきました。旅慣れてそうな人が多かったです。多分バリ島とかでリゾート楽しんできたんだろうなって中で台湾から乗り継いで来たのは多分俺だけでしょう…
 
 あわよくば往路のようにインボラされたらラッキーかもと淡い期待を持っていましたが…
 そんなことはなくプレミアムエコノミーでした。プレエコ指定の「サファイアラウンジ」のインビテーションを貰います。(写真撮り忘れ)
 
 一番豪華な「ガルーダ・インドネシア航空ラウンジ」は解脱後の楽しみとして取っておくとします。
 
 



サファイアラウンジ

 前回のリベンジです。インビテーションあるので難なく入れました。Wi-Fiのパスワードももらえます。
 

f:id:kktrparty:20190705205207j:plain:w500
CGKターミナル3国際線「サファイアラウンジ」

サファイアラウンジはシャワールームあり

 正直あるかどうか心配でしたがシャワーがありました。そういえば昨日は野宿してたのでシャワーに入ってないしインドネシアは暑いので一番助かりました。
 近くの係員に言えば使えると思いますが常に付近にいるのかは怪しいです。
 
 シャワーが使用中なのかそうじゃないのかが分かりづらく、使えるようになるとアラームがなる機械が手渡されるわけでもないのでちょっと苦労ですがシャワー付近で待機していると係員にOKと言われたので入ります。
 使った言葉は「シャワー」「ステイ」「OK」くらいの単語です。
 

f:id:kktrparty:20190705203808j:plain:w500
CGKターミナル3国際線「サファイアラウンジ」シャワールーム
 若干狭いし水はけも微妙に悪かったりと成田のサクララウンジや香港のキャセイラウンジと比べればそりゃそっちのほうが快適ですがこれだけでも充分です。あるだけ非常にありがたいです。
 
 

ミーゴレンやフルーツなど食事も一通り揃う

 写真はちょっと汚いですがインドネシアのミーゴレンや

f:id:kktrparty:20190705204204j:plain:w500
CGK「サファイアラウンジ」(1)
 フルーツも一通り揃っています。
 
f:id:kktrparty:20190705204245j:plain:w500
CGK「サファイアラウンジ」(2)
 
 バーカウンターもありビールも頼めば出てきます(ハイネケンでした)
 
f:id:kktrparty:20190705204426j:plain:w500
CGK「サファイアラウンジ」(3)
 
 空調もある程度きちんと効いており同じ国際線ターミナル3のプライオリティパスで入れる「サファイアブルースカイラウンジ」とは大違いでした。
 
 

JL726「ジャカルタ→成田」

 

寝るだけだし充分すぎる

 正直のところ、寝るだけなので充分快適
 

f:id:kktrparty:20190705204523j:plain:w500
JL726プレエコ
 アメニティはこんな感じ、背中や腰、膝上に置いたりできる枕が便利ですね
 
f:id:kktrparty:20190705204715p:plain:w500
センターディバイダー
 このセンターディバイダーが一番良かったです。ビジネスクラスほどではありませんが隣の人をあまり気にすることなく過ごせました。
 
 あまり写真を撮っていなく、見直したら機内食も撮っていなかった…
 詳しくは公式サイトを見てください。
www.jal.co.jp
 
 気づけば日本上空でした。定刻通り翌朝の成田空港に到着!
 
 

まとめ

 サファイアラウンジはシャワーもあり食事もあり、程よく空調も効いてて快適
 JALのプレエコはおすすめ。機会があれば乗ってみて欲しいです。
 
 ようやく次でインター修行完結?になると思います。帰国して一段落…とはいかず次の国内線が修行としては一番重要なので急いで羽田へ向かいます。
 
 それでは、次の現場でお会いしましょう。
 
 次の記事はこちら
www.kktrparty.com

TwitterやInstagramのフォロー
読者登録もよろしくお願いします!



Instagram follow me!